芸能

水谷豊と太川陽介が「カップル向けホテル」に同宿した!「禁断の秘話」笑撃暴露

 疲れのせいで、正しい判断ができなくなってしまうというのか。「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)の歩き中に、本音や素顔をさらけ出してしまうタレントは少なくない。なにしろ「バス旅のプロ」を名乗る太川陽介すら、そうなのである。

 太川は自身のYouTubeチャンネル「ルイルイチャンネル」で行っている、単独バス旅「シンバス旅」で、過去の笑撃的なエピソードをうっかり漏らしてしまった。

 千葉県の小湊鐵道の光風台駅から、千葉こどもの国までの8.7キロの道のりを歩いていた時のこと。5月とは思えない暑さに、

「ちょっとヤバイな。手がむくんできた」

 と音を上げる。するとスタッフが道路脇のカップル向けホテルを指して、

「休憩しますか。大丈夫ですか」

 この提案に太川は軽く怒った後、カップル向けホテルにまつわるこんなエピソードを明かしたのである。

「昔、ドラマ撮影の時に泊まったよ。『熱中時代』の時。生田スタジオで撮ってたの。そんでもう連日、撮影が遅くなって、朝早いから、出演者は番組がそばのホテルをとって、1人ずつ部屋に。水谷豊さんもそこだよ(笑)」

 なんと「熱中時代」俳優陣が、部屋は違えど同じカップル向けホテルに宿泊していたというのである。太川の告白はさらに続き、

「お風呂がガラス張りだった。ベッドルームの照明に色がついてて、その下でセリフを覚えて。(セリフは)入ってくる。どんな状況でも集中するよ」

 水谷や船越英二、志穂美悦子、草笛光子も同様に、色つき照明の下でセリフを覚えていたというのか…。

(鈴木誠)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】