芸能

「報道」に居場所がなくなった西尾由佳理は「ママタレ」に転身できるか?

20150127nishio-2

 元日本テレビのアナウンサーで、現在はフリーの西尾由佳理(37)が1月中旬に都内の病院で第1子を出産していたことがわかった。

 西尾アナは、日テレ時代の10年9月に、3歳年上で元大手広告代理店勤務のCMプランナーと結婚し、11年8月いっぱいで同局を退社。フリー転身後は、「アゲるテレビ」(フジテレビ系)のメインキャスターや「世界HOTジャーナル」(フジテレビ系)の司会を務めるなど活躍を見せた。

 昨年11月からは産休に入り、今後は体調を見ながら仕事を復帰する予定というが、民放テレビ局の編成担当はこう語る。

「どこまで復帰するのかは微妙なところですけどね。西尾は最近では珍しい報道向きのフリーアナとして期待されていましたが、メインキャスターを務めた『アゲるテレビ』は視聴率で苦戦し、半年持たずに番組は終了した。本人は報道志望が強いだけに、ショックだったことは確かです」

 最近では、元TBSの田中みな実や元フジテレビの高橋真麻、元NHKの住吉美紀など数多くの女子アナがフリー転身を果たしているが、ほとんどがバラエティ向きのキャラクター。

 そんな中、報道もできる硬派な一面を持つ西尾は注目を集めていたわけだが、「アゲるテレビ」ですっかりミソをつけ、報道には居場所がない状況だ。

「独身の他のフリーアナと異なり、西尾の場合はダンナさんがヤリ手のCMプランナーで、本人が無理して働かなくても十分裕福な暮らしはできる。気乗りしない番組を収入のために無理してやる必要はなく、今後は子育て中心の生活になるんじゃないですか」(前出・編成担当)

 復帰を前提に産休に入った西尾だが、「ママタレ枠」に食い込めなければ、テレビから消えていきそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
これが人気美女ベスト5人「美ボディ改造」最前線だ(2)新垣結衣は1日3リットル以上の水を飲み…
2
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
3
野茂英雄や佐々木主浩でもない…田尾安志、“最強直球投手”に江川卓を挙げた理由
4
桑子真帆、上沼恵美子が分析した“結婚する気はなかった”ワケ
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(4)「あさチャン!」での思い切ったカミングアウト