社会

風邪から結核・肺炎まで効果が期待できる「からし湿布」健康法とは?

20150216mustard-2

 一時の猛威をふるっていた頃に比べると少なくなったとはいえ、以前、推定患者数が135万人もいる(1月26日~2月1日、厚労省調べ)というインフルエンザ。なかなか効果的な療法が見つからないのだが、風邪、インフルエンザ、気管支炎、及び肺炎に効果あるという驚きの“療法”があった。

 東京・東中野で開業する渡辺医院・渡辺完爾院長が言う。

「もともと備わっている免疫力=自然治癒力が落ちてきた時に風邪などにかかるんです。だから、免疫力を高めることで健康を取り戻す。その一つが『からし湿布』です」

 実際、からし湿布で風邪を治したという人は多いという。

「からしは漢方では芥子(ガイシ)といい、配糖体シニグリン、脂肪油、酵素を含み、この粉と水を混ぜて練ったものを胸や背中に貼布して治療に用いる」(前出・渡辺院長)

 では、そのやり方だ。からし粉と小麦粉を1対1の割合で混ぜ、50~70度のお湯で練る。これを木綿の布に3ミリの厚さに延ばして背や胸一面に貼る。湿布の時間は10~15分。時々ちょっとめくって皮膚が赤くなっていれば効いている証拠。すぐはずして良い。1日1回で良いが、朝か夜に行う場合は胸に、昼に行う場合は背中に湿布するのがコツ。

 ただし胸と背中を同時にしてはいけないそうだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?
5
平手友梨奈主演「響 -HIBIKI-」大ヒットは逃すも酷評が驚くほど少ないワケ