芸能

有吉も射程圏!きゃりーぱみゅぱみゅ「フォロワー300万人突破」のカラクリ

20150304kyari

 歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(22)の公式ツイッターのフォロワー数が3月1日、300万人の大台を突破した。300万人超えは国内ミュージシャンとして初の快挙となる。これできゃりーは、フォロワー数日本一のお笑い芸人・有吉弘行の412万人に次ぐフォロワー数第2位の有名人となった。

「フォロワー数急上昇の原動力になったのは、きゃりーの恋人、SEKAI NO OWARIのボーカル・Fukaseの存在が大きい。Fukaseのフォロワー数は現在98万人。きゃりーとFukaseは、昨年、もっとも話題となったツイッターアカウント・音楽部門の2位と1位を分けあっています。二人は昨年、親密交際をお互いのツイッター上で認めているため、フォロワーは二人の恋の進行状況に目が釘付けになっており、両方でフォローしている人が少なくない。注目度は抜群です」(芸能ライター)

 きゃりーは昨年11月にFukaseとのツーショット写真を披露、12月には一部で報道された「紅白での引退」を否定、今年1月には10本の手の指に違うデザインのネイルを施し、中指を立てた形で披露するなど、たびたび注目を浴びてきた。

「ツイッターは自分発信のツールとして、とても都合がいい。何と言っても自分の主張がストレートに伝えられる。届いたリツイートの事前検閲もできるし、拒否することも可能です。紅白引退報道で、きゃりーは『週刊誌とかネットニュースとかに好き勝手書かれちゃうのは仕方ないとしても、その記事を見たファンの人を心配させたり不安にさせたりするのは許せない』と怒りまくっていました」(前出・芸能ライター)

 そんなきゃりーが、珍しくバラエティ番組に出演。2月22日放送の「ヨルタモリ」(フジテレビ系)で、これまで明かされてこなかった自身の歌の制作現場について告白した。

「きゃりーの曲を作詞、作曲、編曲しているのは、2011年からきゃりーの音楽プロデュースを担当している中田ヤスタカ氏。きゃりーは中田でなければデビューしていなかったというほど、全幅の信頼を寄せています。曲作りは常に二人三脚。中田はきゃりーと一緒に食事をとる、その際、きゃりーが近況から不満、うっぷん、感動、感激に至るまで洗いざらいを口にする。それを聞いた中田氏が、そのまま歌詞にまとめるというスタイル。つまり、きゃりーの言いたいことを中田氏がそっくり代筆している形になっている。35歳の男性ながら、年頃乙女の心情をくみとった歌詞が出来上がるのは、中田氏が聞き上手に徹しているからです」(音楽記者)

 きゃりーワールドは、二人の男によって作り上げられているのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
2
フジ渡邊渚、G…いやHカップ!?ニットバストで「デカすぎ!」の衝撃
3
太川陽介に不要論も!?テレ東「旅番組」新企画の気になる評判
4
フジ渡邊渚、待望の「Gカップ“たゆんたゆん”新動画」にファン歓喜!
5
西内まりや、「全裸監督2」グラインド騎乗シーン映像で飛び交う期待と不安の声