芸能

Berryz工房は“お局”だったから?活動停止はハロプロ内の「リストラ」だった!?

20150309berryz

 3月3日の日本武道館コンサートを最後に無期限活動休止となったBerryz工房。平均年齢10.7歳だった少女たちも全員が成人となり、将来を真剣に考える年齢となった。メンバーたちの今後の活動はどうなっているのだろうか。

「アイドルを続けることが確定しているのは“ももち”こと嗣永桃子(22)だけです。3月25日にデビューする『カントリー・ガールズ』の一員になりますが、ももち以外のメンバーは13~17歳と大幅に年下。そのため“プレイング・マネージャー”の肩書が付いています」(アイドル誌ライター)

 ほかのメンバーを見ると、清水佐紀(23)と徳永千奈美(22)、須藤茉麻(22)の3人はスタッフ側に回り、アイドル引退が確定。モデルを目指す公称176センチの熊井友理奈(21)、そしてファッション関係を希望する夏焼雅(22)も、アイドル業から離れる可能性が高い。あとは最年少の菅谷梨沙子(20)だが、しばらくは完全休養ということになっている。

「一部にはメンバーの妊娠を疑う声もありますが、活動停止の発表は7カ月も前ですからありえません。日本武道館でのラストライブという花道も用意したわけですし、不祥事が原因とも考えづらいですね。結局は“リストラ”の対象となった可能性が高そうです」(前出・アイドルライター)

 とはいっても、セールス面でBerryz工房が不良債権だったわけではない。年3枚ずつリリースしているシングルは2008年以降、1枚を除いてすべてトップ10入り。2013年には日本武道館ライブを成功させるなど、観客動員数も安定している。普通の芸能事務所ならもっと活動させてもおかしくないが、そこにはハロプロならではの事情があるという。

「1月には平均年齢14.1歳の『こぶしファクトリー』をお披露目するなど、ハロプロは若返りを進めています。モーニング娘。’15も毎年のように新メンバーを入れていますし、スマイレージは3期メンバーを入れてグループ名もアンジュルムに改名。10代アイドルをメインに据えたいハロプロにとって、大人なお姉さんばかりのBerryz工房はお局的な存在になっていたのかもしれません」(前出・アイドルライター)

 もう一つのお姉さんグループである℃-uteは、「『ぷっ』すま」(テレビ朝日系)や「ゴッドタン」(テレビ東京系)にグループで出演したり、代表曲の「Danceでバコーン!」を芸人が振りマネしたりと、お茶の間で見る機会も多い。事務所にとってはいわばバリバリのキャリアウーマンだ。

 それに対してBerryz工房は、“ももち”こそテレビで活躍しているものの、グループとしての認知度は低い。今後の新規ファン獲得はかなり厳しい状況だった。仕事面ではそれなりに貢献しているが、地味なベテラン社員という立ち位置だろうか。

 所属事務所にしてみれば、新人グループをデビューさせるからと言って、担当者を増やし続けるわけにはいかない。適正な規模で効率よく会社を回すためには、誰かを犠牲にしなければならないのだろう。もしBerryz工房がそんな理由でリストラされたのであれば、中高年サラリーマンには耳の痛い話である。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
老化でもう限界!?太川陽介、バス旅で犯した「致命的なミス」とは
2
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(中)相手にもされなかった“大物俳優”
3
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(上)人気下落を生んだ過去の“大本命”
4
加藤綾子が「アナザースカイ」で語れなかった“中3でホストと交際”過去
5
裏で1人でヤッてた!?「テラスハウス」史上最悪の展開にネットが大荒れ!