芸能

「平成の夏のお嬢さん」小島瑠璃子は榊原郁恵の水着姿を超えられるか?

20150313rohto

 タレントの榊原郁恵が小島瑠璃子に猛烈な嫉妬をしているという。

 初代「ホリプロスカウトキャラバングランプリ」の女王である榊原と第34回女王の小島は事務所の先輩後輩という間柄。この二人にいったいナニがあったのか。芸能関係者がこう話す。

「今年1月に放送された『行列のできる法律相談所 妬み嫉み実名暴露SP』(日本テレビ系)でのこと。榊原は夫の渡辺徹が夢中になっている、ある若手タレントに嫉妬していることを明かしました。それがなんと、小島だったんです」

 実は渡辺、自室にも小島の水着カレンダーを飾るほどのお気に入りで、番組でも共演する仲。世間では“こじるり”という愛称で呼ばれているにもかかわらず、渡辺だけは小島のことを「ルーリィ」と呼んで親近感をアピールしているのだとか。この渡辺の小島に対する熱中ぶりに、榊原は女としての嫉妬心を燃やしているというのである。

 榊原といえば、1977年に「私の先生」でレコードデビュー。お父さん世代にとっては、7枚目のヒットシングル「夏のお嬢さん」で水色の水着を着て歌っていた姿が印象的だろう。公称スリーサイズB85・W60・H88のムチムチボディについて榊原は、「私に合うサイズが見つからず、やっと見つけたのがアメリカ製」「テレビで流れるたびに恥ずかしかった」と当時を語っている。

 一方、小島も負けてはいない。今回オンエアされた洗顔フォーム「OXY」の新CMでは、赤の水着姿を堂々披露。Dカップはあるかと思われる胸元で、男の子たちをノックアウトする映像が評判だ。

「小島はスカウトキャラバン出身で、その場を明るく要領よく仕切れるトーク力の高さも定評がある。さらに、CMで魅せたグラマラスなボディ。まるで郁恵さんの持ち味をそのまま受け継いだような存在で、まさに“平成の夏のお嬢さん”と言えるでしょう」(前出・芸能関係者)

 こじるりの水着CMは16日からオンエア。キャンペーンサイトではメイキング動画も観ることができるので、気になる人はそちらもご覧あれ。

【参考】 http://jp.rohto.com/oxy/campaign/2015/

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス