芸能

「スッキリ!!」上重聡アナ起用までのドタバタだった舞台裏

20150325sukkiri

 テリー伊藤氏の突然の「降板宣言」で、4月からの「後釜問題」が勃発していた朝の情報番組「スッキリ!!」(日本テレビ系)。MCの加藤浩次1人では重圧が大きいと、「新パートナー」人事をどうするかが局内で検討された。

「テリーさんの降板発表直後、番組の全体会議が行われました。その際、スタッフのシフト、人事異動も行われています。新しいプロデューサーとして、営業部門から異動になった、制作現場経験のない人物が抜擢されました。この新プロデューサーは、マスコミで話題になった、“内定取り消しアナ”の起用を考えたのです」(番組関係者)

 内定取り消しアナとは、銀座でのホステスアルバイト歴があるとの理由で、アナウンサー採用の内定が取り消され、裁判沙汰にまで発展した笹崎里菜さんのこと。その後、日テレとは和解し、入社の運びとなった。日テレ制作スタッフが言う。

「スキャンダル性のあるイメージがついたとはいえ、彼女は話題性十分で、即戦力として使える実力を持っている。視聴率のテコ入れにもなると考えたのです。ところが、総合演出担当者が『バカ言ってんじゃないよ!』と一喝し、却下されてしまった。ただ、スタッフの間からは『いい案だったのにもったいない気もする』との声が上がりました。でも、このままテリーさんの席を空けておくわけにはいかず‥‥」

 諦めきれない新任プロデューサーは、それでも内定取り消しアナの起用を水面下で画策しつつ、別の案にも着手。前出・番組関係者が明かす。

「後任議論の中では、みのもんた待望論も出ていたようです。そうこうするうち、新プロデューサーが『ビッグサプライズだ!』と意気込んでいたので、いったい誰を用意しているのかと思ったら、上重聡アナだった。制作費をあまりかけられないとの理由で、局内からの抜擢で主婦ウケのいい人材を調整していたのです。上重アナ起用の何がビッグサプライズなのかとスタッフはドッチラケ。皆で苦笑していました」

 大騒ぎのあげく、結局は無難な着地に終わったのだった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス