スポーツ

自叙伝出版中田翔 日ハム「苦悩の4年」(2)子供ができたら「親バカ」になる

 だが、「平成の怪物」という異名をひっ提げ、鳴り物入りで入団した中田も、決して順風満帆だったわけではない。
 1年目は屈辱の二軍スタート。ようやく開幕スタメンを勝ち取った3年目は思うような結果が残せず、すぐにファーム落ち。さらに直後に左膝半月板損傷を負うなど、失意のどん底へと突き落とされた。これまで語ることはなかったが、野球ができなくなる可能性すら頭をよぎったという。
〈このとき僕は真剣に“もう駄目かもしれない”と思っていました。ようやく一軍で開幕を迎えることができたのに、結果を出せずに故障。手術をすれば今年を棒に振ることになる。もう3年目だし、このままプロ野球生活が終わってしまうんじゃないか─本気でそう思っていたので手術も躊躇してしまったのです〉
 1カ月近く迷った末に手術を決断。リハビリ中に自分の過去の試合を繰り返し見るうちに、中田は現在の
「がに股ノーステップ打法」につながる大きなヒントを得ることになった。中田本人がこの時期を「ターニングポイント」と意味づけるゆえんであろう。
 一方、本書では、直接、相手が今回入籍した新妻であるとは書いていないものの、交際していた高校当時の同級生との思い出についても触れている。
〈自分で言うのもなんですが、相手の女子生徒はかわいい子で、女優の深田恭子さんに似ていました。確か、僕から告白したと思います。(中略)同じ桐蔭生だから、手紙を書いて下駄箱に入れたりとか、かわいいものでしたよ。学校から生駒山をバスで上がってグラウンドに向かっていたんですが、その車中で手紙をドキドキしながら開いたり。みんなには内緒にしていませんでしたから、こっそりというわけではなく、むしろ自慢していました。「俺の彼女、見てみろ」って〉
 今回の電撃入籍を予感させるような心情も吐露している。子供を授かった時には「100%、親バカになる」と断言し、特に娘だった場合には振り回されることも覚悟しているという。
〈今のうちから、女の子ができて、「パパとお風呂に入るの、もう嫌や」って言われたらどうしようかなとか、なぜか、そういうイメージは湧いてきます。大きくなったら「パパの洗濯物とか一緒に洗わんといて」と言われるかもしれんぞ、とか想像しますね。
 実際にそう言われたらすごくショックでしょうね。でも、娘に怒るんじゃなくて、洗濯機を2台買うんちゃうかなあ(笑)〉
 大きな体を小さくして困り果てる中田の姿を想像すると、ほほえましい画が浮かんでくる。
 中田の入団時に二軍監督を務めていた恩師の水上善雄氏は、初対面の時からその人間性と無限の可能性に魅せられてきた一人。本書の刊行に寄せて、こう話す。
「翔は私がこれまで数人にしか感じなかったオーラを持っていますし、野球選手としても、1人の人間としても4年間でここまで成長したのは凄いと思います。野球の面ではホームランや打点のシーズン記録など、『史上初』というものを成し遂げてもらいたい。また誰もが中田翔が好きと言ってもらえるような人間的に大きな、温かい選手になってほしい。そういうスーパースターになれる男です」
 最高の後押しも得た今季、中田はプロ野球界の主役へと飛翔するはずだ。

この続きは全国のコンビニ、書店で発売中の『週刊アサヒ芸能』でお楽しみ下さい。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え