芸能

ネット上の下劣な書き込みに激怒!困難に立ち向かうつんく♂と家族の絆

20150411tsunku

 近畿大学の入学式に現れ、昨年の秋にガン治療のために、声帯を摘出したことを公にした音楽プロデューサーのつんく♂。1月からキックボクシングを始めるなど、前向きに生きて行こうとする姿が、多くのファンから共感を呼んでいる。

 そんな中、ネット上で「つんく♂の奥さんは“さげまん”」という心ない書き込みがされ、ファンが激怒している。

「つんく♂の奥さんは、元モデルの出光加奈子さん。つんく♂の12歳年下の33歳。実家が福岡県宗像郡赤間村というところから、出光興産の創業者の関係者ではないかという噂もありましたが、それは違います。福岡の吉本興業に所属し、地元のロカール番組『ももち浜ストア』などでレポーターも務めていました。博多華丸の紹介がきっかけで知り合い、つんく♂の一目ぼれで結婚。7歳になる双子の男の子、4歳になる女の子に恵まれ幸せそのもの。『さげまん』との書き込みは、ファンはもちろんのこと、周囲も怒り心頭のようです」(女性誌記者)

 実際に事務所関係者に話を聞くと、

「酒が好きでヘビースモーカーだったつんく♂が、双子の子供が誕生した頃から、酒と煙草を控えるようになりました。子煩悩で早めに帰宅して料理の得意な奥さんの手料理を楽しみにしていましたよ。ガン治療による声帯の摘出も、家族のために生きる決心をしたわけですから」

 ネットの雑音など気にすることなく、家族の絆で困難を乗り越えてもらいたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
「ポスト水卜麻美」はショートカットにタプタプのバスト…小高茉緒の桃色天気予報が眼福すぎる