芸能

TV美女50人「女優力」最新ランキング(7)消えた個性派女優たち

 これまで数多くの個性あふれる女優が生まれては消えていった。そんな記憶に残る女優たちの魅力に迫ってみた。

 92年公開の映画「墨東綺譚」(東京映画)で、妖艶な色気とはかなげな印象が鮮烈だった墨田ユキ(47)。ピンク映画出身だけに文字どおり、裸一貫で美しい肉体を武器に“女優力”をいかんなく発揮し、成功を納めた稀有な存在と言えるだろう。とりわけ「墨東綺譚」での津川雅彦とのカラミのシーンは必見だ。スリムながら雪のように白い肌に揺れるたわわな乳房は、観る者をうならせた。墨田は、この映画でブルーリボン賞など多数の賞を総なめ。以降、さまざまなドラマなどにも出演。だが、10年前に結婚して以来、まったく芸能活動をしていないのは残念でならない。
 “魔性の女”と言われ、真田広之(51)との不倫をはじめ多くの男性と浮き名を流した葉月里緒奈=旧・里緒菜=(36)も忘れることのできない女優だろう。プライベートのみならず、女優としてもヌードも辞さない「女優力」も魅力だった。97年公開の映画「パラサイト・イブ」(東宝)では大胆にも騎乗位ヌードも公開。スレンダーながら鮮やかなピンク色の乳首と激しい腰づかいは、一度見たら忘れられないインパクトを残した。この翌年には、若手の人気女優にもかかわらず、ヌード写真集「RIONA」(ぶんか社)を出版し、大きな話題を呼んだ。スキャンダルで、女性ファンからバッシングもされたが、その分、最近の若手にはない存在感のある女優だった。
 また、昨年、多くの関係者から惜しまれつつ引退をしてしまったのは宝生舞(34)だ。コケティッシュな容姿で男性だけでなく女性にも人気だった彼女。代表作であるドラマ「ショムニ」(フジテレビ系)をはじめ、さまざまなドラマに出演。“元祖・眼力女優”の異名のとおり、女優力の源は何といっても大きな瞳。これに関して彼女にかなう女優は、いまだいないだろう。
 さらに、映画「なごり雪」(大映)では、トップレス生着替えシーンにも挑戦。着替えをのぞいた男性にバストをさらしながら「ダメよ、ここは女子用!」と言って、ニラみつけるシーンは宝生エロスの集大成。当時の宝生クラスの中堅女優にしては、かなり大胆なシーンだった。宝生は、10年の映画「ボックス!」(東宝)を最後に芸能界を引退。現在は、家庭に収まっているという。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”