芸能

大島優子が主演ドラマ「ヤメゴク」大コケで大胆決断?(1)撮影現場でもプロ意識を見せているが…

20150507_14z

 木曜ドラマ「ヤメゴク」(TBS系)でマル暴刑事役として連続ドラマ初主演を務める大島優子(26)。しかし、同時間帯放送の上戸彩(29)出演「アイムホーム」(テレビ朝日系)に惨敗。ある「決断」をしたというのだが‥‥。

「自分らしく、もっともっと(役柄を)好いて、病みつきになってもらえるように演じたいと思います」

 4月11日に行われた特別試写会の舞台挨拶において、大島は喪服姿に片目が隠れているボサボサの髪形という役柄の姿で登場。こう意気込みを語った。

 だが、初回放送の視聴率は上戸のドラマが16.7%。対して大島は9.1%と出足から大コケ。この結果を受けて大島はじめ出演者、撮影スタッフは今後の巻き返しに一致団結しているという。ヤクザ役として出演する倉本宙雨氏が現場エピソードを明かしてくれた。

「本格的なアクションシーンは初めてのようですが、大島さんは飲み込みも早い。しかもダンスを経験しているから足がよく上がるので、下着が見えることも。本人は、まったく気にする様子もなく、『男の人を倒すのは気持ちいい』と言っています」

 寒空の下、コワモテのヤクザ役たちが震えて出番待ちをしていると、大島が歩み寄り、こんな気遣いを見せたという。

「今日は少し肌寒いですけど、大丈夫ですか? 温かいお茶でも飲みませんか」

 健康的で活発なイメージの強い大島だが、今回、演じるのはミステリアスな刑事。役作りとして激しい減量にも取り組んでいる。

「撮影初日のロケ弁は、大島さんお気に入りの鯖の塩焼き弁当だったのですが、御飯と揚げ物は全部残していました」(撮影スタッフ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」