芸能

大島優子「ヤメゴク」の視聴率が下がらないのは“あの人”のおかげ!?

20150520oshima

 5月14日に放送されたテレビドラマ「ヤメゴク」(TBS系)の第5話視聴率が6.4%だったことがわかった。初回は9.1%を記録したものの、それ以降は伸びることがなく、なんとか6%台を保っている。今回の視聴率についてテレビ誌記者はこう語る。

「木曜21時台はバラエティの『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)や『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)など人気番組がひしめく激戦区。さらに今回は低迷していると思われたキムタク主演『アイムホーム』(テレビ朝日系)が14.5%と大幅に数字を上げてきました。『ヤメゴク』もついに6%を割るかと思われましたが、前回から0.2ポイント上げ、6.4%で留まった」

 これだけの人気番組にはさまれる中で数字を下げなかったことは、十分に健闘していると言えるのかもしれない。大島が過去に所属していたAKB48の後輩、渡辺麻友の「戦う!書店ガール」(フジテレビ系)もまた視聴率4~5%と低迷しているが、かろうじて現段階では大島が1歩リードした形となる。女優として次のステップへ進むためグループを卒業した大島だけに、現役メンバーの渡辺にだけは負けるわけにはいかないという気持ちもあるだろう。

「『ヤメゴク』は2話以降、一定して6%台が続いていますが、これは離れない固定視聴者を掴んでいるということ。なぜなら、監督は過去に『トリック』や『SPEC』など映画化までされた人気作を手がけてきた堤幸彦です。彼の手がけるドラマは他と比べて、特に熱狂的ファンが多い。そのため、大島に興味が持てなくとも、堤監督ならば最後まで見てみようという固定層がおり、視聴率を下支えしているのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 今回、大島は監督に助けられる形となるのかもしれない。後はどれだけ彼女の魅力で新規視聴者を掴めるかが、「ヤメゴク」浮沈の鍵を握るだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
4
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
5
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然