芸能

竹内結子、渡辺徹…EXILE・AKIRAだけじゃない「吹き替え」の黒歴史

20150618takeuchi

 6月20日公開の映画「マッドマックス 怒りのデスロード」で、EXILEのパフォーマーAKIRAが主人公の吹き替えに抜擢、映画ファンの大ブーイングとなった。

「都内スタジオで公開アフレコ会見に臨んだが、AKIRAは表情こそ真剣でしたが、右手をパンツの前ポケットに突っ込んだままセリフを読んでいましたね。また、『自分にはトム・ハーディほど渋さがない』と、自身が起用された理由をどこか疑問に感じているようなコメントもしていました」(映画ライター)

 公開前から炎上騒ぎとなったケースは珍しいが、他にも「残念すぎる吹き替え」と呼ばれる黒歴史作品は数多い。

「伝説」の呼び声が高いのは、「タイタニック」でジャックを妻夫木聡が、ローズを竹内結子のコンビ。

「竹内は声優が本業ではないけれど、声の悪さが気になってストーリーに集中できないほどでした。ドラマで見ていて声が悪いと思ったことはなかったのですが、声だけになると全然ダメ。妻夫木もどう温かい目で見ても棒読みで、ヒドい芸能人吹替えの代表として伝説になってるのも納得です。苦情殺到で回線パンクしたのも当然でしたね」(前出・映画ライター)

「スターウォーズ」のルーク役を渡辺徹、レイア姫を大場久美子、ハン・ソロを松崎しげるが演じたテレビ初放映版は“笑撃作品”として今も語り継がれている。

「映画を観ている間、本人の顔がチラついてしょうがないほど、存在感のある吹き替えとなっていました。本人の名誉のために言うと、渡辺は放送当時は痩せていてイケメンでした。松崎はすでに黒かったですが(笑)」(映画プロデューサー)

 TBSで放映された「プリティ・ウーマン」にも“醜逸”の声が聞かれる。

「リチャード・ギアが石田純一で、ジュリア・ロバーツが浅野ゆう子。当時、ドラマで二人が共演をしていて、それで吹き替えでも共演するのを放送前のバラエティ番組で宣伝しまくっていました。声のイメージが演じている俳優と全く合ってなくて気持ち悪いくらい浮いていた。思い出すと、いまだに寒気がします」(前出・映画プロデューサー)

 AKIRAもついに「伝説」の仲間入りか!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性