芸能

真木よう子 “YOUとの濃厚キス”ネット公開で起こったある噂

20150702d

 暗がりの中で、同時に目を閉じ唇を重ねる真木よう子(32)とYOU(50)。2人とも顔をほんのりと赤らめ、口をすぼめて、まるでお互いの舌を絡み合わせているかのようだ。いったい、なぜ真木はこんな情熱的な写真をネット上で公開したのか──。

 去る6月14日に、真木が写真共有アプリ「インスタグラム」でキス写真を公開すると、数日間で「いいね!」の反応はなんと3万5000件以上。それほどネット上が騒然となるような写真を撮った理由について、ベテラン記者はこう推測する。

「真木とYOUは今年1月期のドラマ『問題のあるレストラン』(フジテレビ系)で初共演して以来、意気投合して飲み歩くようになった。2人とも酒好きでサバサバした性格が似ているし、YOUは離婚してシングルマザーですが、子供もいるなど境遇も似ている。酔っ払うと『ハグ魔』なところがあって、男女問わずスタッフや共演者によく抱きつくところもそっくり。ただし真木には夫と子が、YOUには子供がいるということで、男性側は本格的につきあおうとせずに、引いてしまう。それで2人でいちゃつくようになったのでは‥‥。キスもスキンシップの一環でしょう」

 ところが、実は、去る5月10日に放送されたトーク番組「ボクらの時代」(フジ系)で共演した2人が、聞き捨てならないやり取りをしていた。

 真木は同番組で、YOUと、やはり友人のお笑い芸人のバカリズム(39)と3人で出演。その際、

「考え方とか脳みそは『男の子』なんですよね。(ドラマで共演した)高畑充希ちゃんとか私、どストライクだったんですよ。めちゃくちゃかわいくて、彼女にしたい」

 と、「好みの女性」に対する心情を吐露した。するとYOUがそれを受け、

「何かちょっと、イタズラしたいなぁとか‥‥」

 と応じた。すると真木も、

「わかるわかる!」

 と身を乗り出さんばかりの勢いで同意したのだ。困惑したのはバカリズム。やれやれといった調子で、

「イタズラっていうのは意地悪したいってことですよね」

 と確認。ところが、YOUはこれを「ううん」とやんわり否定し、こうぶっちゃけた。

「寝たいなあとか、全然ありますよ。結婚するならこっちだけど、寝るならこっちとか、いつも思ってる」

 つまり2人とも好みであれば、女性に対しても激しく欲情するようなのである。

 芸能評論家の三杉武氏がこう分析する。

「本人がレズであるかどうかは断定できませんが、真木よう子は、レズの人たちからクールビューティ系としてウケがいい。もともと真木は女優デビューを認めない父親に『(反対するなら)援交してやる!』と脅したエピソードに見られるように強気な性格。その性格とショートカットが相まって、タチ(レズ関係における男役)的な感じで、人気があるようですよ」

 ちなみにあるサイトがアンケートを取った13年度「ビアンが選ぶレズらせたい有名人」で、真木は尾野真千子(33)とのカップリングで上位にランクイン。

 これについては、真木と尾野が共演した同年放送のドラマ「最高の離婚」(フジ系)の宣伝を兼ねて、同局の「SMAP×SMAP」にゲスト出演した際のこんな一幕が大きく影響しているようだ。

 2人に対し中居正広が「もし自分が男だったら」目の前の相手とつきあえるかと質問すると、尾野が、

「気が合うし、絡めるし。今つきあいたいくらいです」

 と告白。すると真木は、

「私にはもったいない。ホントはつきあいたいけど」

 と、まるで男のような口ぶりで言い訳している。やはり真木の頭の中身は男なのかも。

 今回のキス写真騒動について芸能評論家の肥留間正明氏はこう話す。

「酔ったうえでのこととはいえ、ここから恋愛に進展することもありうる。互いに多くの男性と浮き名を流しているからこそ、男はやり尽くしたから今度は女だ、というのも自然な流れ。渋谷区が同性カップルに『結婚に相当する関係』の証明書を発行する条例を施行したから、2人は渋谷区に住んでほしい。2人でレズビアンをテーマにした番組をやれば話題になりますよ」

 ちなみに、写真の真意に関して、真木、YOUの両事務所からは期限までに回答は得られなかった‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」