芸能

広瀬すずは大丈夫?松嶋菜々子、瀧クリ…スタッフに嫌われた女たち

20150628hirose

 女優の広瀬すずによる“スタッフ軽視発言”はネット上で思わぬ波紋を広げ、一部ではかつて若手ADなどに横柄な態度をとっていたために仕事を干された国生さゆりの二の舞を危惧する声もあるが、芸能界には制作スタッフからの評判の悪い女性タレントが少なくない。

 その筆頭が松嶋菜々子だという。2011年に「家政婦のミタ」(日本テレビ系)で40%という歴史的な視聴率を獲得した彼女だが、その後は目立った活躍を見せていない。

「『ミタ』の脚本家との確執、飼い犬による隣家とのトラブルでマイナスイメージがついたこともありますが、仕事現場での評判も悪かったんです。なんでも、夫・反町隆史の話がタブーらしく、スタッフが気を利かせたつもりで反町の近況を尋ねただけで激怒することも。基本的に短気で周囲はいつもヒヤヒヤだったとか」(テレビ関係者)

 態度が悪いという点では、元モーニング娘。で、現在はママタレとして活躍中の飯田圭織も負けていない。

「バラエティでは、番組中に使えそうな話を事前にスタッフが出演者から取材をしておきます。しかし飯田は、都合の悪い質問には答えをはぐらかし、場合によっては『そんな質問、意味あります?』と逆ギレしてくるのだから始末が悪い」(バラエティ番組スタッフ)

 今春、俳優・小澤征悦との破局が話題となった滝川クリステルもスタッフから勘違いぶりを指摘されている。

「本人の意向なのかは定かではありませんが、『バラエティには出しません』『“お・も・て・な・し”は言わせません』などのNG事項が多い。そのくせ、文化人との対談ならバラエティにも出ると言うこともあるんです」(前出・テレビ関係者)

 一方で、本人がこだわりを持つキャスター業は、昨年の「Mr.サンデー」(フジテレビ系)降板以降、オファーがない。これもスタッフに嫌われたせいなのかもしれない。

 福田彩乃の勘違いぶりも、現場スタッフを呆れさせている。

「ローラや長澤まさみのものまねでブレイクしたにもかかわらず、最近は『ものまねタレント』という肩書はNG。テレビに出る際は『女優・タレント』という呼称でなければダメなのだとか。

「福田はひな壇ゲストでの出演も基本的に断ってくる。今後は女優メインで活動していく方針のようですが、あの演技力では‥‥。通用せずにバラエティに戻ろうと思っても、これまでの態度がたたって席はないでしょう」(前出・テレビ関係者)

 広瀬すずが、これら先輩たちの轍を踏まぬことを祈るばかりだ。

(金子良太)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
まるでコント?劇場版コード・ブルー「流血シーン」続出にドン引きの声も
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
安室奈美恵が明かしたオフの過ごし方に「浜崎あゆみと大違い」と称賛の声!
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!