芸能

自ら命を絶った有名人100人の心層「悲劇はなぜ止められないのか?」

20150723m

 新幹線の車内でガソリンをかぶった老人は火を放ち、いじめを苦にした中学生は電車に飛び込んだ‥‥。みずから命を絶つ、痛ましいニュースが連日のように報じられている。日本では、毎年3万人近く自ら命を絶つ人々が生まれているという。有名人に目を向けても、まさにその縮図──。数十年にわたり繰り返されてきた悲劇は、あの時、なぜ止められなかったのだろうか。

 有名人の悲痛な報道を聞かなかった年はない。

 最近大きくメディアを騒がせたといえば、13年の藤圭子だろう。

 晩年の藤は、娘・宇多田ヒカルが成功を収めて金銭的な不安はない一方で、精神的な不安定さを抱え、夫ともくっついては離れで、6度の結婚と離婚を繰り返し、最後は別れていた。

 芸能ジャーナリストの佐々木博之氏が語る。

「それでも元夫は藤さんが心配で、彼女の面倒を見るようにマネージャー役の男性を一緒に住まわせていたというんです。彼女も食事や買い物など、身の回りの世話をしてくれる男性を信頼していた。ところが、その男性は夜の仕事を持っていて、朝帰宅してきて寝てしまう。藤さんが飛び降りたのは、ちょうど彼が眠っている早朝でした」

 自殺がもたらすのは何も本人の破滅、死ばかりではないはずだ。今回掲載する事例は、過去に自殺した有名人たちのほんの一部にしかすぎない。100を優に越える悲劇が繰り返されてきたわけだが、例えば、美形の俳優が地上47階の高さから飛び降りたケースを見てみよう。

 沖雅也は〈オヤジ、涅槃で待つ〉と書いた遺書を遺していた。直後から「オヤジ」こと所属事務所社長で養父だった、日景忠男氏が世間の注目を集めるようになった。

 芸能レポーターの石川敏男氏が言う。

「もともと沖さんの側近といっても違和感がありましたが、〈涅槃で待つ〉という言葉によって、世間一般にそういう関係だったのかと‥‥」

 日景氏はその後、美少年を愛好するキャラクターを隠さずにタレント活動を行うようになったのだった。

 岡田有希子が18歳という若さで命を落とした際には、ファンの後追い自殺も社会問題化。同様に、hideも結果的にファンの後追いを誘発してしまった。

「彼はドアノブにかけたタオルで首をつって亡くなりましたが、実は事故死だったとの説も根強く残っています。当時のhideは頸椎の不調に悩んでいて、整骨院でヒモを使って首を牽引する施術を受けていたそうなんです。自宅でも同様の施術を試みていたと‥‥」(芸能記者)

 ところで、自殺手段を見ると「首つり」がダントツで多いようだ。

 自殺予防の心理学に詳しい、新潟青陵大学大学院教授・碓井真史氏が話す。

「死のうとした時、首つりはいちばん簡単で確実な方法だと思います。ただし現代は情報にあふれているので、失禁などで死に方が汚く、惨めだとわかっている。それだけに、飛び降りに衝動的な行為が多い反面、首つりにはより死ぬ覚悟が感じられてしまいますね」

 仕事が減少し、借金苦で酒に溺れていた古尾谷雅人も「俺が死んだら俺の偉大さがわかる」と妻に口走った3日後、やはり自宅で首をつっている。

「ちょうど役者が役者だけでは窮屈になってきた時期だったかもしれません。今では役者がバラエティ番組で人気者になるのも珍しくありませんが、頑固な古尾谷さんには難しかったのでしょうかね」(前出・佐々木氏)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
2
「200勝到達」ダルビッシュ有に恐れおののいた落合博満の「あの日本シリーズ」秘話
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
天国の沙也加が引き寄せた!激ヤセから復活の神田正輝を支えたのは松田聖子の「筑前煮」だった
5
「中距離バッターなんてありえない」名将・野村克也が説いた古田敦也への教え