芸能

中山美穂 仕事が激減し恋人に「DV疑惑」も浮上

20150730d

 離婚成立から1年──。長男の親権を得た作家の辻仁成(55)が子煩悩キャラで男をアゲた一方、新たな恋人と逢瀬を重ねた中山美穂(45)はイメージダウン。芸能界で崖っぷちに立たされている。

「何でミポリンが?」

 都内のカラオケバーで中山が目撃されたのは5月下旬。居合わせた常連客の視線が集中するのも無理はない。テーブル席に着く中山に同伴者はなく、寂しくカクテルグラスを傾けていた。目撃者が語る。

「時折ため息をつきながら考え事をしているようでした。そのうち酔いが回ったのか、グッタリとうなだれてしまった」

 心配した店員が声をかけたが、

「いいの‥‥」

 こう言って、さらにドリンクをオーダーしたという。

「そのうち、しくしくと泣き始めたんです。それ以降はさすがに店員さんも声をかけにくそうにしていました。そこはお笑い芸人もよく訪れる芸能人御用達の人気店。いつもなら、陽気にカラオケで盛り上がるのに、その夜は、他の客もちょっと歌いづらい状況でしたね」(前出・目撃者)

 涙の理由は、女優業の低迷だろうか。芸能プロ関係者が中山の苦境を語る。

「干されてもしかたない状況。というのも、昨年7月に辻と離婚したあとも、生活の拠点はいまだパリ。“出稼ぎ女優”に連ドラの仕事は入れにくく、私生活を優先させたい本人の意向もあって、映画の長期ロケもNGだそうです」

 仕事激減の原因は、生活スタイルだけにあるのではない。離婚直後に発覚した、音楽家・渋谷慶一郎氏(42)との交際が大きな痛手になっている。

「離婚前から関係があったというし、“不貞行為があったのでは?”といったイメージは拭えません。実際、CMの仕事もいくつか流れたようです。しかし、所属事務所が何度説得しても別れる様子はなく、『もう勝手にしろ』とマネージメントを半ば放棄した状態です」(前出・芸能プロ関係者)

 今年で歌手デビュー30周年を迎えた中山。7月22日には41枚組の記念CDボックスが発売される。

「これが最後の売り時とばかりに、中山のこれまでの功績を全て“換金”しようという思惑が感じられます」(前出・芸能プロ関係者)

 それでも別れない中山。渋谷氏にはこんなセリフで口説き落とされたという。

「キミのために曲を作る」

 芸能記者が解説する。

「前夫の辻がそうだったように、芸術とかインテリに弱いのは昔から変わりません。周囲の声がまったく聞こえない現状は“洗脳”されていると言ってもいい」

 そんな渋谷氏の「暴力素顔」を報じたのは今年1月の「週刊文春」だった。昨年暮れ、泥酔した中山の腹部を路上で思い切り蹴り上げたというのだ。

「大の酒好きで、酔いが回ると体育会キャラに変身。気に入った人間には親しみを込めて、男女かまわず肩にグーパンチを入れてくることもあるそうです。中山が心配でなりません」(前出・芸能記者)

 DV疑惑が浮上したとなれば、あの夜、中山が見せたのは「別れの涙」だったのかも。冒頭のカラオケバーの関係者が「一人泣き」直前の様子を明かす。

「渋谷さんかどうかはわかりませんが、当日は男性と一緒にお見えになりました。しかし、途中でその男性が退店。飲み足りなかったのか、中山さんは1人でお店に残ったようです。泣いた理由? バラードを聞いて込み上げるものがあったのでは‥‥」

 ただ泣きたくなるの──。たまにはそんな夜もありますよね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…