芸能

芥川賞作家・ピース又吉、“キモキャラ”時代に味わった合コンでの屈辱

20150712matayoshi

 いまや芥川賞作家となり、さっそうとした和服の着こなしでも話題のピース・又吉直樹。世間ではイケメン芸人との評価が定着しているが、数年前まではむしろキモいキャラだったのはご存じだろうか。

 もともと彫りが深い顔立ちで、サッカー部で活躍していた高校時代の写真を見るとイケメンぶりが際立つ又吉。だが、縮れたラーメン風のロン毛と暗めの表情、そして関西人とは思えないボソボソとしゃべる口調が、いつしか“キモい”イメージを作り上げていたのだ。

 そんな又吉のキモキャラが、女性から敬遠されていた時期もあったという。いまや又吉の同居人として有名になったジューシーズ・児玉智洋、そしてパンサー・向井慧との3人で、又吉が合コンに出かけたときのこと。

「女性陣は児玉と向井の2人だけに向かって『かっこいい!』と指差したのだそうです。男子高出身でもともと女性が苦手だった又吉は、この仕打ちに思わず目が泳いでしまい、ただでさえボソボソした口調が余計に淀んでしまったとか。さらには王様ゲームをやる空気になったところで、又吉は断固拒否。その理由は、もし自分が王様になってしまったら、何をしたらいいのかわからなかったからだそうです」(お笑い関係者)

 そんな又吉だが、2011年度には「吉本男前ランキング」に初ランクイン(14位)。そのキッカケになったと言われているのが、2011年8月に「ロンドンハーツ2時間SP」(テレビ朝日)にて公開された「奇跡の1枚」だった。

「ヘアメイクやカメラマンが腕をふるい、芸人を美男美女に変身させるこの企画。ほとんどの芸人が元が誰なのかまったくわからないほどに変身するのに対し、又吉の場合はトレードマークのロン毛を隠してショートカット風にしただけ。だがその1枚がとてつもなく男前で、女性陣からは『イケメン!』の声が続出していました」(芸能ライター)

 もし今だったら、又吉が合コンに現われたら女子の注目を一身に浴びることは間違いない。だが変わったのは又吉なのか、それとも周りのほうなのか。人の評価は現金なものだということが、こんなところにも表れているようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”