スポーツ

かつての打棒が影を潜めるイチローの“変化”とは?

20150723f

 控え外野手の待遇に甘んじて不調をかこつ、元ヒットメーカー。その人間性ゆえにグラウンド外にもあらぬ「敵」を作り、みずからを追い込むイチロー。日本が誇る打のスターに、色濃い「孤独」が影を落としている。

 6月18日以来、実に35打席ぶりの安打。自己ワーストのスランプから脱した7月8日も、イチロー(41)に笑顔はなかった。その間、代打と途中出場が半数以上。ヤンキース時代同様、マーリンズでも「第4の外野手」の立場は変わらない。

「ようやく安打が出たといっても、(その時点で)打率は2割4分6厘。衰えは目からきています。昨年から95マイル(152キロ)以上の球はほとんど打てず、ミスショットが激増している。以前なら中前安打なのが、ファウルに。甘い球をファウルにしたことによって、その打席はアウトになる。ナ・リーグに移った今季、対戦するのは知らない投手ばかりで、しかも若くて速い球を投げるのが非常に多い。カージナルスなんて、100マイル(160キロ)を投げるのがゴロゴロいます。イチローには逆風ですよ」(現地ジャーナリスト)

 イチローはこれまで報道陣に対し、特定の親しい記者の代表質問だけを受け付けてきた。報道陣の意向を受けて、その記者が囲み取材をイチローに依頼しOKが出ても、ロッカー室で報道陣に背中を向けてグローブを磨きながら「それ、答えなきゃいけない?」などとそっけなく言うのが典型的な対応だったという。メジャー担当記者が言う。

「当然、報道陣の間での評判は最悪。そんな姿を見ているチームメイトともども、イチローには寄りつかなくなっていった。今は打撃の衰えもあり、ますます周囲から人が消えました。それが寂しいせいか、今年はちょっと“いい人”になり、代表質問以外にも積極的にコメントすることが増えた。以前なら言わないことを言うようにもなりました。連続無安打が33打席に伸びた際には審判のストライクゾーンが広かったと言い訳。『あれじゃ、お手上げですね』と、いかにも審判がひどかったと言いたげな弱気発言が出ました。以前なら強気に『関係ありませんよ。広いのは昔からですから』とサラッと言ったのに」

 さらにイチローは「打撃コーチ」として精力的に活動する、今までにない一面も見せている。前出・現地ジャーナリストが明かす。

「ナ・リーグ打率トップ3に名を連ねる、同じ右投げ左打ちの1番打者ゴードン(27)を『自分の若い頃を見ているようだ』とかわいがり、試合前は必ずゴードンと一緒にいる。『イチローの一番弟子』と言われ、毎日つきっきりです。イチローは、愛用するジュラルミン製のバットケースを気前よくプレゼントしたほど」

 イチローは大スランプ同様、みずからが招いた孤独からも脱すべく苦闘しているのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ