芸能

深夜の自宅にファンが…浅香唯が明かしたアイドル時代の「恐怖体験」

20150721asaka

「ライオンのごきげんよう」(フジテレビ系)に浅香唯が出演、アイドル時代に大西結花、中村由真と共に演じた「風間三姉妹」当時のエピソードを明かした。

「浅香は得してますよ。童顔で小柄だから、45歳の子持ち主婦には見えない。ドラマ『スケバン刑事3』から29年もの歳月がたってるんですけどね。大西や中村が離婚など私生活で苦労してきただけに、プライベートが絶好調の浅香の若さが目立っていました」(テレビ誌記者)

 浅香は「あのファンはすごかった」というテーマで、同ドラマが終わった後の話を始めた。ある日の深夜、自宅の電話のベルで寝入りばなを叩き起こされた。ファンを名乗る女性が自己紹介もそこそこに恋愛相談を始め、その内容は好きな男に告白をすべきか、悩んでいるという相談だった。当時恋愛経験ゼロの奥手。かつ、多忙な日々で眠くて仕方のない浅香だったが、自分のファンを名乗られたためムゲにもできず、長電話の相手を務めた。それが3日3晩続き、4晩目に電話が途絶え、すっかり忘れた頃にまた同じ女性から電話があった。好奇心から電話番号の出どころを聞いたところ、何とその女性は「買った」と告白したという。

 当時は携帯電話のない時代。自宅に置いてある黒電話か、公衆電話からのやりとりだった。浅香によれば、「そういうのを売っている人がいて。街中で紙に書いて、『誰のがほしい?』『じゃあいくら』って売買していた」という。他の女性アイドルの番号も売っていたことも浅香は聞きだしたそうだ。

 ベテラン芸能ライターが明かす。

「個人情報保護法ができるずっと前、昭和の時代は何でもありで、誰でもヤバイことができた。情報屋がいて、電話番号や自宅の住所を専門に売っていてね。芸能人の長者番付が行われていた頃は、税務署ごとに発表される高額納税者リストを手に入れ住所を割り出し、自宅を撮影したりするヤカラもいた。住民票を勝手に取ったり、戸籍謄本を取ったりしたケースもあったといいます。学生アイドルなら、学校からずっと尾行して自宅を割り出したりもした」

 今では考えられない時代だが、当時は浅香のみならずアイドルのこの手の「恐怖体験」はまだまだあったに違いない。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道