芸能

「天皇の料理番」で再会した佐藤健と鈴木亮平の6年越しの縁とは?

20150721sato

 12日に最終回を迎えた佐藤健主演ドラマ「天皇の料理番」(TBS系)が視聴率17.7%を記録。全12話の平均視聴率は14.9%となり、木村拓哉主演ドラマ「アイムホーム」の14.8%を抜き、今年の民放連続ドラマで最高の数字となった。

「まず、森下佳子さんの書いた脚本が素晴らしかったですね。森下さんは『JIN-仁-』などTBSでドラマの脚本を書いてますが、全てプロデューサーは石丸彰彦さん、演出は平川雄一朗さんの体制で作っています。脚本はプロデューサーの指示で何回も書き直されるので、ストーリーの整合性が取れなくなるケースも多い。その点、森下さんたちはお互いが信頼し合い、刺激を与えつつ、任せるところは任せていますからね。第1話から最後まで面白い作品になりました」(TBS関係者)

「毎日、弟のことを考えていた」という兄役の鈴木亮平と、彼を「兄やん」と慕う主演の佐藤健との絆は演技にも反映された。二人は2009年の「メイちゃんの執事」(フジテレビ系)で共演している。

「佐藤さんは準主役で、鈴木さんは大勢の執事役の中の一人でした。佐藤さんは前年の『ROOKIES』(TBS系)で悔しい思いをした経験から、俳優業に燃えていたものの、まだ評価されるレベルではなく、鈴木さんはあまり彼を注目していなかったそうです。ですが、今回の共演で『6年前と全然違って驚いた』と言っていました。一方、佐藤さんは当時、脇役だった鈴木さんの演技を見て『こんな役者になりたい』と目標にしていたそうです。今回、佐藤さんは鈴木さんに褒められるたびに嬉しそうに照れていましたね」(ドラマ関係者)

 鈴木は自身のブログで「兄やんは、放送で健の包丁さばきを見るたび、いつも感動しています。その裏に、どれほどの努力、どれだけの一人きりで重ねた時間があったことか」と書いている。今作だけでなく、佐藤の6年間の努力にも賛辞を贈っているのだろう。

(中村葵)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”