芸能

ここまで下がるとは!高視聴率ドラマ枠を崩壊させた武井咲の責任

20150723takei

 7月16日に放送された武井咲主演のドラマ「エイジハラスメント」(テレビ朝日系)第2話の視聴率が、9.1%だったことがわかった。同ドラマは初回から9.7%という低視聴率だったが、2話ではさらに数字を下げることとなった。

「テレビ朝日系の木曜21時枠における初回視聴率といえば、近年、キムタク主演『アイムホーム』の16.7%、沢村一樹主演『DOCTORS 3』の14.6%、米倉涼子主演『ドクターX』の21.3%など、高視聴率を連発してきた枠です。各局がドラマ不調に苦しむ中、この枠だけは誰が主演しても安定した数字を叩き出せると思われていました。しかし、そんな期待もむなしく、今期は『エイジハラスメント』によって、テレ朝が大切に育ててきた木曜ドラマ枠が崩壊してしまった」(業界関係者)

 過去の主演作で1ケタ視聴率を連発し、低視聴率女王という異名を背負ってきた武井だけに、今回こそ、その不名誉を払拭したかったに違いない。しかし「エイジハラスメント」は、視聴者から敬遠されているという。

「やはり実力派俳優が主演することが多い木曜21時枠ですから、まだ武井には荷が重かったのかもしれません。内容に関しても、気の強い武井演じる主人公に感情移入できないという声が多く、視聴者から避けられているので、今後も視聴率アップは厳しい。そのためテレ朝がこの枠を復活させるためには、まもなく続編の発表が噂されている『ドクターX』に頼るしかないでしょうね」(テレビ誌記者)

 1ケタ視聴率に終わった武井の前作「すべてがFになる」(フジテレビ系)に続き、本作も低空飛行のまま最後を迎えてしまうのだろうか。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宇垣美里は論外!?吉川美代子が斬った田中みな実・小川彩佳との女子アナ力の差
2
滝クリがおもてなし婚で見返した!?あの同期アナに“敗北し続けた”青学時代
3
ビッグダディ元妻・美奈子のドキュメンタリー番組で気になる中島知子の“いま”
4
浜崎あゆみ「暴露本」では語られていない“本当にヤバい過去”
5
“デキ婚”とは言わせない!サラブレッドハンター滝川クリステルの威光ぶり