芸能

ここまで下がるとは!高視聴率ドラマ枠を崩壊させた武井咲の責任

20150723takei

 7月16日に放送された武井咲主演のドラマ「エイジハラスメント」(テレビ朝日系)第2話の視聴率が、9.1%だったことがわかった。同ドラマは初回から9.7%という低視聴率だったが、2話ではさらに数字を下げることとなった。

「テレビ朝日系の木曜21時枠における初回視聴率といえば、近年、キムタク主演『アイムホーム』の16.7%、沢村一樹主演『DOCTORS 3』の14.6%、米倉涼子主演『ドクターX』の21.3%など、高視聴率を連発してきた枠です。各局がドラマ不調に苦しむ中、この枠だけは誰が主演しても安定した数字を叩き出せると思われていました。しかし、そんな期待もむなしく、今期は『エイジハラスメント』によって、テレ朝が大切に育ててきた木曜ドラマ枠が崩壊してしまった」(業界関係者)

 過去の主演作で1ケタ視聴率を連発し、低視聴率女王という異名を背負ってきた武井だけに、今回こそ、その不名誉を払拭したかったに違いない。しかし「エイジハラスメント」は、視聴者から敬遠されているという。

「やはり実力派俳優が主演することが多い木曜21時枠ですから、まだ武井には荷が重かったのかもしれません。内容に関しても、気の強い武井演じる主人公に感情移入できないという声が多く、視聴者から避けられているので、今後も視聴率アップは厳しい。そのためテレ朝がこの枠を復活させるためには、まもなく続編の発表が噂されている『ドクターX』に頼るしかないでしょうね」(テレビ誌記者)

 1ケタ視聴率に終わった武井の前作「すべてがFになる」(フジテレビ系)に続き、本作も低空飛行のまま最後を迎えてしまうのだろうか。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
のん“一日署長”姿がすっかり下ネタ扱い…「完全復帰」が実現しない残念現象
2
フジ渡邊渚、「柔らかそう!」絶賛の“Gバスト”爆揺れダンス生披露
3
すみれがスカート奥見せ!太川&蛭子も暴走「旅バラ」再放送の注目ポイント
4
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
5
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”