スポーツ

故障明けで調子が上がらないヤンキース・田中将大を米メディアが酷評する理由

20150723h

 ヤンキースの田中将大(26)が自己ワーストを更新した。右肘の故障から復帰後、6月21日のタイガース戦、27日のアストロズ戦でそれぞれ1試合3被弾。2試合とも5回で降板し、合計13失点(自責点11)したのだ。NYデイリーニューズ紙は、

〈この2試合の登板は悲惨だった。彼は故障しているのか、単に能力がないのか〉

 とバッサリ。7月9日に1カ月ぶりの5勝目をあげると、米メディアは一転して〈宝石のような投球〉などと絶賛したが、

「大炎上した2試合のあとの登板で6回3失点のクオリティスタートを達成しても、現地メディアからは〈及第点はあげられても、エースの投球ではない〉と斬り捨てられていた。その背景には、マー君のマスコミ対応のひどさがあります。いつも面倒くさそうで、ツンツンした態度。アメリカ人の担当記者たちは『どうして目を見て話さないのか』と不満を口にしています。マー君は日本語に翻訳された現地記事を丹念にチェックし、批判的な報道に嫌悪感をあらわにもする。周囲のスタッフには『もうアメリカのメディアは(取材時間を)短くしていいでしょ』と話しています」(メジャー担当記者)

 当然ながら、アメリカ人記者の名前を覚えて交流しているとか、チームメイトと積極的に交流しているという話は聞こえてこない。スポーツ紙デスクは言う。

「『楽天時代から同僚と飲みに行くこともないのに、ヤンキースに来てできるわけがない』と話すチーム関係者もいます。しかしメジャーの場合、そうした交流は大事。調子が悪くなればトレード要員にもなりますが、その際、球団は人間関係も見て放出するかどうかを判断します。マー君のように複数年契約を結んでいる選手は特に、健全な人間関係の構築を要求され、エース級ともなればなおさら。だからESPN(米スポーツ専門チャンネル)は〈しょせん、3番手クラス〉と酷評する。たとえ投球がよくても、人間性を含めるとちょっと‥‥というわけです」

 そんな田中の人間性に顔をしかめるアメリカ人記者は日本の報道陣に「なぜタナカはいつもあんなに怒っているんだ。ムッとしてしゃべり、コメントもまったくおもしろくない。日本人の記者にもそうなのか」と質問したというが、

「以前から田中のことを知る元楽天担当記者にはきちんと話しますが、それ以外の在米ライターやテレビディレクターにはまともに対応しない。『何でそんなことを話さなきゃいけないんですか』と。記事もチェックし、書いた記者を捕まえて『あんなこと書いてますけど‥‥』と反論したりも」(現地ジャーナリスト)

 かつてヤンキースに所属した黒田博樹(40)は、アイシングのタイマーがピーピーと鳴っているのに話し続け、心配した米報道陣が「もう話はいいから」と促すほどの信頼関係を築いていた。松井秀喜氏(41)もまた、不調時にはアメリカ人記者に、注射器を押すしぐさで「ステロイドをくれ」とジョークを言ってみたり。だが孤立する「エース」は、彼らのような愛される選手になるつもりはサラサラないようである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」