女子アナ

相内優香&紺野あさ美 相次ぐ熱愛スキャンダルで「女子アナ失格」 「もう会社にいられない!」と泣き出したッ

 初スキャンダル報道が、いきなり「衝撃の二股愛」だったテレビ東京の相内優香アナ(25)。翌週には新人の紺野あさ美アナ(24)まで、大学時代の先輩との熱愛が発覚。その余波とは─。


 相内アナといえば、〝ポスト大橋未歩〟と呼ばれるほどのテレ東のエース候補。看板番組「neo sports」「ワールドビジネスサテライト」などに出演中だ。女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏が話す。
「準ミスの立教時代から(フリーアナが多数所属する)セント・フォースに在籍していただけあり、癒やし系としての実力は抜群です。入社後すぐに、同期の秋元玲奈アナ(26)と冠番組『A×Aダブルエー』(今年7月終了)がスタートし、共演した筒井康隆氏から〝ムチムチたぬき〟という愛くるしいあだ名をつけられています。ノースリーブの二の腕やミニスカの太腿の肉感からフェロモンを感じますよ」
 甘ったるい口調のトーク、大学時代にフットサルで鍛えた健康美、そして進化する巨乳と、オヤジ人気は抜群だ。
 その相内アナが選んだ「二股愛」のお相手は、ロンドン五輪を狙う〝卓球王子〟こと松平健太(20)と、映画「ハリー・ポッター」の主役似の同僚局員だった。写真誌関係者が話す。
「同僚と交際している噂は昨年末から流れていただけに、本命はポッターくんのようです。そのためか、松平は所属する芸能事務所の担当者を伴って編集部を訪れ、『恋愛関係はなく、栄養士としてのつきあい。金銭面の問題からお願いした』という旨の釈明をして帰りましたよ。でも、早大2年生とはいえプロ選手だけに首をかしげたくなる説明でした。相内アナが料理好きということは有名ですが、特別な資格を持っているとは聞いていないし、遠征中の留守宅にまで通うなど、誰の目にも〝ただの〟栄養士とは映らないでしょう」  編集部への抗議は、その相内アナからも直々にあったという。前出・関係者が続ける。
「女子アナが直接というのは珍しく、通常は広報担当者や代理人からですね。かつて、NHKの有働アナから直接、問い合わせがあり、『合い鍵同棲』という表現が『ラブラブ愛』になったことはありました。あとで礼状も届いたそうですが、若い相内アナは興奮気味で一方的な抗議だったそうです」  猛抗議も実らなかった相内アナはすっかり落ち込んでいるという。局員が話す。「局内でも落ち込んだ様子で涙を流し目を腫らしていたことも‥‥。ショックで同僚に『会社にいられない』とも漏らしていたとか」
 そして、その翌週には相内アナに続き、「モーニング娘。」出身の紺野あさ美アナの初ロマンスも発覚。
「紺野アナの相手は慶大時代の先輩だった若手実業家の松本剛徹氏(25)で、地下鉄のホームで抱き合っていた写真が掲載。デート中には相内アナの熱愛がスクープされた記事を立ち読みしようとしてました(笑)。撮られたあとも、紺野アナはいつものように何事もない様子。局内でも特におとがめはなかった」(芸能記者)
 一方、写真誌報道ですっかり「ポッターくん」と呼ばれるようになった相内アナの彼氏を心配する声がよく聞かれるようで‥‥。
「彼、相内アナから松平選手の〝栄養士〟をしていた話を聞いてなかったそうで、親しい仲間が励ます会を開き、元気づけたと聞きました」(前出・局員) 局内でも注目を集める〝二股愛〟の行方は‥‥。

カテゴリー: 女子アナ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
4
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!
5
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”