社会

「フジと韓流」密月のウラ全部書く(3)K-POPの出版権も握った

K-POPの出版権も握った
 韓流ドラマ同様に、K.POP界にも、フジテレビの傘下企業の名前がチラつくという。レコード会社関係者が話す。
「すでに複数の韓国アーティストの出版権を所有。KARAの妹分のアーティストにも食指を伸ばしています。今年5月に東京・恵比寿にオープンした『Kシアター』にも10億円の出資をしているように、この分野もフジが頭ひとつリードと言われています」
 そしてフジのトップ、日枝久会長が昨年2月に日本と韓国のコンテンツ産業発展に寄与したとして、高麗大学から名誉経営学博士号を授与されたことも、より〝コリア推し〟の流れに拍車をかけたとも言われる。
 さらに驚かされるのは、イベントや情報番組の情報操作だけでなく、報道番組でも韓国に配慮した演出や発言が行われていたという。フジテレビ局員が話す。
「昨年10月、サッカーの日韓親善試合を目前に控え、スポーツ報道番組の『すぽると!』で、〈サッカー韓日戦企画がスタート〉という前代未聞のテロップが流れ、言葉を失いました。いくら韓国で行われるアウエー戦とはいえ、常識を疑います。世界でも初めてだろうと失笑されたものです。ところが、その1カ月前にも『韓日プロゴルフ対抗戦』と放送し、その前年には、アナウンサーが『バスケ韓日戦』という表記を使っていたという話も聞きました」
 フジテレビとスポーツといえば、フィギュアスケート中継が思い出されるほど、その関係が深い。前出のテレビ局関係者が解説する。
「今回のフジへの抗議行動でも、『(浅田)真央ちゃんがかわいそう!』と叫ぶ声が印象的でした。ライバルの韓国代表、キム・ヨナびいきの報道が、いまだにフジへの不信感につながっているようです」
 08年GPファイナルで、浅田は逆転優勝を飾るも、情報番組「とくダネ!」が、〈浅田真央逆転Vも…キム・ヨナ〝実力〟に差〉と放送し、大騒動となったのはいまだ記憶に新しいだろう。スポーツ紙記者が振り返る。
「報道した客観的なデータにミスがあり、浅田の所属先から『意図的な報道に見えた』と厳重抗議を受け、日本スケート連盟からも『勉強不足』と批判されたものでした」
 ところが、ヨナと浅田を巡る「偏向報道」疑惑が再燃する。10年の世界選手権終了後、再び視聴者の批判が殺到する事態を引き起こした。前出の記者が続ける。
「09年の世界フィギュアスケート選手権で、ヨナが優勝すると、表彰式からウイニングランまで完全放送したにもかかわらず、07年世界選手権で安藤美姫、08年と10年世界選手権で浅田が優勝した時は、国旗掲揚・国歌斉唱部分がカットされ、表彰式の放送時間が数分程度だったんです」
 視聴者から「コリア推し」と揶揄されるフジテレビ。前出の局員は嘆きながらも、こう話す。
「例えば、先日の愛知女子大生モデル殺害事件報道でも、容疑者の家に掲げてあった(韓国の国技)テコンドー教室の看板をモザイクで隠していました。ただ、上層部から政治、思想的な指示があるわけじゃなく、この〝韓流ブーム〟を80年代の〝お笑いブーム〟のように、視聴率につなげたいということだけです」

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
「もうママとは生きていけない」ヒロミがブチ切れた松本伊代との「離婚危機」
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
飯豊まりえと熱愛発覚で浮上した高橋一生の「すぐ破局する変人趣味」
5
35歳・マリエの顔が…38歳・藤井リナに「公開処刑」食らった「枕営業」暴露の痛手