社会

「フジと韓流」密月のウラ全部書く(3)K-POPの出版権も握った

K-POPの出版権も握った
 韓流ドラマ同様に、K.POP界にも、フジテレビの傘下企業の名前がチラつくという。レコード会社関係者が話す。
「すでに複数の韓国アーティストの出版権を所有。KARAの妹分のアーティストにも食指を伸ばしています。今年5月に東京・恵比寿にオープンした『Kシアター』にも10億円の出資をしているように、この分野もフジが頭ひとつリードと言われています」
 そしてフジのトップ、日枝久会長が昨年2月に日本と韓国のコンテンツ産業発展に寄与したとして、高麗大学から名誉経営学博士号を授与されたことも、より〝コリア推し〟の流れに拍車をかけたとも言われる。
 さらに驚かされるのは、イベントや情報番組の情報操作だけでなく、報道番組でも韓国に配慮した演出や発言が行われていたという。フジテレビ局員が話す。
「昨年10月、サッカーの日韓親善試合を目前に控え、スポーツ報道番組の『すぽると!』で、〈サッカー韓日戦企画がスタート〉という前代未聞のテロップが流れ、言葉を失いました。いくら韓国で行われるアウエー戦とはいえ、常識を疑います。世界でも初めてだろうと失笑されたものです。ところが、その1カ月前にも『韓日プロゴルフ対抗戦』と放送し、その前年には、アナウンサーが『バスケ韓日戦』という表記を使っていたという話も聞きました」
 フジテレビとスポーツといえば、フィギュアスケート中継が思い出されるほど、その関係が深い。前出のテレビ局関係者が解説する。
「今回のフジへの抗議行動でも、『(浅田)真央ちゃんがかわいそう!』と叫ぶ声が印象的でした。ライバルの韓国代表、キム・ヨナびいきの報道が、いまだにフジへの不信感につながっているようです」
 08年GPファイナルで、浅田は逆転優勝を飾るも、情報番組「とくダネ!」が、〈浅田真央逆転Vも…キム・ヨナ〝実力〟に差〉と放送し、大騒動となったのはいまだ記憶に新しいだろう。スポーツ紙記者が振り返る。
「報道した客観的なデータにミスがあり、浅田の所属先から『意図的な報道に見えた』と厳重抗議を受け、日本スケート連盟からも『勉強不足』と批判されたものでした」
 ところが、ヨナと浅田を巡る「偏向報道」疑惑が再燃する。10年の世界選手権終了後、再び視聴者の批判が殺到する事態を引き起こした。前出の記者が続ける。
「09年の世界フィギュアスケート選手権で、ヨナが優勝すると、表彰式からウイニングランまで完全放送したにもかかわらず、07年世界選手権で安藤美姫、08年と10年世界選手権で浅田が優勝した時は、国旗掲揚・国歌斉唱部分がカットされ、表彰式の放送時間が数分程度だったんです」
 視聴者から「コリア推し」と揶揄されるフジテレビ。前出の局員は嘆きながらも、こう話す。
「例えば、先日の愛知女子大生モデル殺害事件報道でも、容疑者の家に掲げてあった(韓国の国技)テコンドー教室の看板をモザイクで隠していました。ただ、上層部から政治、思想的な指示があるわけじゃなく、この〝韓流ブーム〟を80年代の〝お笑いブーム〟のように、視聴率につなげたいということだけです」

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え