社会

「フジと韓流」密月のウラ全部書く(3)K-POPの出版権も握った

K-POPの出版権も握った
 韓流ドラマ同様に、K.POP界にも、フジテレビの傘下企業の名前がチラつくという。レコード会社関係者が話す。
「すでに複数の韓国アーティストの出版権を所有。KARAの妹分のアーティストにも食指を伸ばしています。今年5月に東京・恵比寿にオープンした『Kシアター』にも10億円の出資をしているように、この分野もフジが頭ひとつリードと言われています」
 そしてフジのトップ、日枝久会長が昨年2月に日本と韓国のコンテンツ産業発展に寄与したとして、高麗大学から名誉経営学博士号を授与されたことも、より〝コリア推し〟の流れに拍車をかけたとも言われる。
 さらに驚かされるのは、イベントや情報番組の情報操作だけでなく、報道番組でも韓国に配慮した演出や発言が行われていたという。フジテレビ局員が話す。
「昨年10月、サッカーの日韓親善試合を目前に控え、スポーツ報道番組の『すぽると!』で、〈サッカー韓日戦企画がスタート〉という前代未聞のテロップが流れ、言葉を失いました。いくら韓国で行われるアウエー戦とはいえ、常識を疑います。世界でも初めてだろうと失笑されたものです。ところが、その1カ月前にも『韓日プロゴルフ対抗戦』と放送し、その前年には、アナウンサーが『バスケ韓日戦』という表記を使っていたという話も聞きました」
 フジテレビとスポーツといえば、フィギュアスケート中継が思い出されるほど、その関係が深い。前出のテレビ局関係者が解説する。
「今回のフジへの抗議行動でも、『(浅田)真央ちゃんがかわいそう!』と叫ぶ声が印象的でした。ライバルの韓国代表、キム・ヨナびいきの報道が、いまだにフジへの不信感につながっているようです」
 08年GPファイナルで、浅田は逆転優勝を飾るも、情報番組「とくダネ!」が、〈浅田真央逆転Vも…キム・ヨナ〝実力〟に差〉と放送し、大騒動となったのはいまだ記憶に新しいだろう。スポーツ紙記者が振り返る。
「報道した客観的なデータにミスがあり、浅田の所属先から『意図的な報道に見えた』と厳重抗議を受け、日本スケート連盟からも『勉強不足』と批判されたものでした」
 ところが、ヨナと浅田を巡る「偏向報道」疑惑が再燃する。10年の世界選手権終了後、再び視聴者の批判が殺到する事態を引き起こした。前出の記者が続ける。
「09年の世界フィギュアスケート選手権で、ヨナが優勝すると、表彰式からウイニングランまで完全放送したにもかかわらず、07年世界選手権で安藤美姫、08年と10年世界選手権で浅田が優勝した時は、国旗掲揚・国歌斉唱部分がカットされ、表彰式の放送時間が数分程度だったんです」
 視聴者から「コリア推し」と揶揄されるフジテレビ。前出の局員は嘆きながらも、こう話す。
「例えば、先日の愛知女子大生モデル殺害事件報道でも、容疑者の家に掲げてあった(韓国の国技)テコンドー教室の看板をモザイクで隠していました。ただ、上層部から政治、思想的な指示があるわけじゃなく、この〝韓流ブーム〟を80年代の〝お笑いブーム〟のように、視聴率につなげたいということだけです」

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!