社会

著名人が本誌で“デモ行進”「フジはカネ儲けしか考えていない」(7)文化侵略された日本のテレビ

文化侵略された日本のテレビ
 日本の放送法には外国人が20%以上株式を持つことは許されていない。それは日本のテレビ番組が外国に干渉されることを防止するため、つまり「文化侵略」を阻止する必要があるからだ。しかし、
「今のフジテレビは韓国に乗っ取られたかに見える」
 というのは、前出の金沢氏である。続けてもらおう。
「韓流ドラマを見ようが見まいが視聴者の勝手です。しかし、編成方針があまりにも露骨なので、それに異議を唱える視聴者がいても不思議ではない。結局、
『楽しくなければテレビじゃない』と、かつてキャッチフレーズで言ったように、おもしろければいい。そして、メディアは宣伝媒体でしかないという経営方針が根強くあるのです」
 フジテレビこそ、軽佻浮薄の先頭を走るテレビ局だというのである。一方、国内産業の空洞化が言われて久しいが、実は今、最も空洞化が進んでいるのがテレビ局だというのが内部からの共通した声だ。
「深刻な不況、若者のテレビ離れ。苦しい台所事情はどこも同じです。例えば、テレビ朝日でも朝の情報番組『やじうまテレビ』はそこそこ視聴率を取っていた番組でした。しかし、名前のあるコメンテーターを1回15万のギャラは高すぎると、全部切ってしまった。今やプロデューサーと社員1人の2人がいるだけです。番組スタッフは『テレビ朝日に制作能力はない』と言っています」(テレビ局関係者)
 肥留間氏はいずれ、テレビ局が番組制作に関わることなく、スポンサーと制作会社が直接交渉する日が遠からず来ると見ている。
「テレビ局は番組を流すだけの放送会社となる。番組制作を請け負う吉本興業などは年間1000億円を売り上げ、局と肩を並べる存在となるかもしれない。制作会社はスポンサーと交渉し、作った番組をテレビ局に売りつける」
 あとを受けて松尾氏が言う。
「民放各局が軒並み音をあげる中で、一人勝ちしているのがNHKです。ドラマもドキュメンタリーも伸びている」
 もはや、NHKに水を開けられたなどと言っていられる時代ではない。メディアとして、民放は存亡の危機にあることが今回の騒動の背景にあるのだ。

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
4
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
5
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!