社会

著名人が本誌で〝デモ行進〟「フジはカネ儲けしか考えていない」(6)日韓で違うドラマ制作の現場

日韓で違うドラマ制作の現場
 日本と韓国。一衣帯水の両国だが、政府の芸能文化に対する姿勢が大きく異なることも韓流ブームの大きな要因になっているという。放送評論家の松尾羊一氏が言う。
「韓国にはテレビ局が3つしかないのに、ワンクール10回のドラマが30本近くある。コンテンツのストックは10年遡れば、さらに増える。そもそも、このようにドラマ作りが盛んなのは国策でもあり、国家的なバックアップがあるからです。ドラマ輸出は盛んで、東南アジア、中東にまで及んでいます」
 何しろ、作品によってはドラマ制作に国家予算がつくというのだから、その本気度がうかがえよう。前出・肥留間氏が続ける。
「ドラマで戦闘機を借りたり、軍艦を使用したりということも可能です。ところが、日本はドラマでパトカーが走るだけでも通報されてしまう。かつての『大都会』のように、車を燃やしたり、爆破したりといった派手なアクションなんてありえません。だから、刑事ものでも心理分析官とか科研などの話になる。コンテンツの質そのものが、ますます低下している」
 さらに松尾氏は、現在の韓国ドラマには、ドラマ作りの原点が残っていると主張する。
「しょせん、ドラマはこの世にはない話です。視聴者は皆、ウソを承知で見ている。韓国ドラマは愛、不倫など泥臭いテーマを描いていますが、人間関係の描き方がうまい。男が女を取り、女が男を取る。登場人物が向き合って争う様をリアルに描いている。ところが、日本は若者向けの学園ドラマにしろ、ニューハーフのドラマにしろ、話が暗く、後ろ向きです」
 しかも、ドラマのヘソとも言えた「渡る世間は鬼ばかり」「水戸黄門」が打ち切られることが決まった。「『ドラマ冬の時代』は当分続きそうです」 と松尾氏は指摘する。
 となると、フジテレビばかりではなく、テレビ各局は韓流に頼るしかないではないか。とはいえ、フジの韓流ゴリ押しが目に余るのも確かだ。
 そこで、本誌は韓流偏向と、それに抗議するデモについてフジテレビ広報部にコメントを求めたが、「何も言うことはありません」
 との回答が送られるのみだった。

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然