エンタメ

アサ芸世代1000人アンケート 後世に遺したい「テレビ時代劇」(6)水戸黄門 由美かおる初入浴シーン秘話

忍者衣装がアニメ界に影響!?
——-「かげろうお銀」で新しい女忍者のイメージを作られました。
「レギュラーになる時、プロデューサーの方から『今までにないキャラクターの女忍者を作りたい』と言われたんです。私はバレエや西野流呼吸法を実践しているので、体を動かすことがとても好きだった。それで、カッコよく動ける衣装を作ろうと思いました。 その結果、着物の裾を短く切ってベルトを締め、バレエの網タイツを中に着て、ブーツを履くことにしたんです。自分でデザインして、東京の洋服屋さん、靴屋さんに発注して作ってもらいました」

——-奇抜ですね。まるでアニメを見ているみたい。
「当時、アニメにもなかったと思います。私の忍者ファッションが逆に、アニメに影響を与えたかもしれませんね」

——-基本は動きやすさ? 「立ち回りで足蹴りをしたら、こんなに足が上がるの!? って、皆さんビックリされてました。『僕、大丈夫ですから、どん! とやってください』と言われて、回し蹴りをしたら、みごとに入っちゃって、相手の方が『ううう?っ』とうずくまったこともありました(笑)」

——-「水戸黄門」は偉大なマンネリとも言われますが、25年間で何か変わったことはありましたか? 「最初はフィルム撮影だったのが、ビデオになりました。ビデオはその場で映像チェックできるので、とても段取りよく作業ができるようになりました。一方でフィルムの映像は奥行き感があったと思います」

——-最後に「水戸黄門」の魅力とは?
「よき日本人の心があると思います。弱きを助け、悪を成敗する黄門様の大きな優しさ。そしてドラマの中に必ず、いろんな愛が描かれていました。皆さんがホッとして、和やかになれる作品だと思います」

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
3
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
4
「人気急騰」明日海りお、宝塚ファンから聞こえてきた男役時代の“意外な評判”
5
加藤綾子、明石家さんまが明らかにした“多忙は関係ナシ”の超肉食オトコ選び