芸能

「歌が終わるのは何分頃?」ディズニー映画のドリカム起用にファン猛反発

20150803dct

 ディズニー/ピクサーの最新アニメ映画「インサイド・ヘッド」(7月18日公開)が、興行収入ランキングで3位のヒットを見せている。この主題歌「愛しのライリー」を歌っているドリカムに対し、映画ファンから批判の声があがっているようだ。

 この主題歌は日本限定のオリジナル曲としてドリカムによって書き下ろされたもの。今作では日本市場を意識したアレンジが施されており、主人公ライリーの嫌いな食べ物がブロッコリーからピーマンに変わっていたり、映画のタイトル自体もオリジナルの「インサイド・アウト」から変更されている。

 ドリカムの起用もそんな日本市場重視の一環と思われるが、ディズニーの目論見に反して、ドリカムの歌に抵抗感を感じるファンも多いのである。子連れで観に行ったという40代女性は、主題歌がドリカムだとは知らなかったそうだ。

「最初のうちはわからなかったんですが、サビになったらドリカムの曲調そのもので、『なんでドリカム!?』ってビックリしました。子供向けの映画なので親世代の受けを狙っているのかもしれませんが、世の中にはドリカム嫌いの人もいるってことを考えてほしかったです」(映画を観た40代女性)

 同様の感想を持つ人は少なくないようで、ネットには「せめてエンディングテーマにしてほしかった」「夢の世界を期待してディズニー映画を観ているのに、ドリカムで一気に現実に引き戻された」といった声も見られる。なかには、「ドリカムの歌が終わるのは何分ごろか」と映画館に電話する強者もいるようだ。

 ただドリカムを別とすれば、作品そのものの評価は上々の様子。ドリカムも「アナと雪の女王」のように、テーマ曲の日本語版を歌っていれば、ここまで批判されずに済んだのかもしれない。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
TBS「ブラックペアン」主演が竹内涼真から二宮和也に変更された裏事情
2
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?
3
「やりたくない!」米倉涼子が「ドクターX」続編を断ったワケ
4
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
5
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!