芸能

春香クリスティーンの破局はハーフタレント飽和が原因?

20150810haruka

 日本とスイスのハーフとして知られる春香クリスティーンが、公開告白した恋人と交際わずか5カ月で破局していたことを明らかにした。ハーフタレントには珍しい、汚れ役とも言えそうなエピソードだが、春香自身はこうやって話題になることをよしとしているようだ。

 その春香は上智大学の現役学生で、語学にも堪能。スイス出身らしく政治にも興味があり、「永田町大好き!」という本も上梓するなどインテリハーフというポジションで活躍している。一方でドイツ語によるお笑い芸人の物真似が特技で、その際の鬼気迫る表情があまりにもブス顔のため、ハーフタレントには珍しい“自称ブス枠”としての顔も持っているのである。

 そのブス枠ゆえか、22歳だった昨年は彼氏いない歴22年を自称。それが冒頭で紹介した、テレビ番組での公開告白に繋がったわけである。このように貴重な“ブスハーフ枠”というポジションを確立した春香だが、その裏にはハーフタレントが飽和している現状があるのではないだろうか。

 いまやハーフタレントは少しも珍しくなく、ハーフというだけでチヤホヤされた時代はとうの昔に終わっている。タレントとして生き残るにはルックス以外の要素も必要で、ベッキーが切り拓いたMCもこなせるハーフという枠では、SHELLYが大活躍中。最近はマギーもその枠を狙っている。

 毒舌枠ならダレノガレ明美が頭一つリード。ローラに代表されるオバカ枠では最近、藤田ニコルの台頭が著しい。一方で文化人枠では先駆者の滝川クリステルに続き、「ZERO」(日本テレビ系)のキャスターも務めていたホラン千秋の名前もあがる。映画評論ならなんといってもLiLiCoだろう。

 これらの人気ハーフに対して、かつての勢いを失った例もある。トリンドル玲奈は一時期ほどのテレビ出演がなくなり、主演を務めた映画「リアル鬼ごっこ」が大コケしたのは記憶にも新しい。ハーフ三姉妹としてもてはやされた道端三姉妹もテレビ出演が激減しており、賞味期限が過ぎてきたようだ。

 結局のところ、タレントとして生き残るためには何らかの才能が必要なわけで、ハーフであること自体が才能とされた時代はもう過去のことなのだ。春香クリスティーンが“ブスハーフ枠”で生き残れるのも、4カ国語に堪能な語学力などインテリと称される知性があってこそ。これからタレントを目指すハーフは、難関大学を狙ったほうがいいかもしれない。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
3
消えたゴリ押し美女タレントは今(5)鈴木ちなみは有名二世を敵に回した?
4
「ブラックペアン」降板危惧も!? 加藤綾子に囁かれ始めた「健康不安説」の根拠
5
フジ鈴木唯、「美脚の間のスジ見せ一発」アクシデントで“カトパン超え”!