芸能

「安保法案にNO!」長渕剛、くるり、SHELLY…業界タブーを破る芸能人たち

20150810nagabuti

 参議院で与野党のせめぎ合いが続いている安全保障関連法案。各種の世論調査では、法案に反対する声も強い。そんな中、芸能界からも安倍政権の方針に反対の声があがり始めている。

 先月放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)での発言が話題となっているのが長渕剛だ。

「いまのこの流れでいくと、理屈はわからないんですけどね、感覚論としてね、戦争が近づいている気がするの。もう紛れもなくそこに近づいている気がしますよ。それをね、僕たちはどうやって阻止すべきかってことを非常に真剣に考える局面がありますよ」

 同じ音楽界では、くるりの岸田繁もツイッター上でかなり突っ込んだ発言をしている。

「侵略戦争こそが非であり、加担は下衆だと胸を張って言おう。ニコ動での首相からのアホアホ例え話聞いて、あれは歴史に残る国民への侮辱だと思いました」

 バラエティ界からは、タレントのSHELLYが衆議院で強行採決された日、ツイッターに次のように投稿した。

「この時代にこんな事がありえるの? とテレビを見ながら不信感しかないです。そんな中、今も雨の中デモを続ける方々は本当にかっこいいと思います。若い世代が立ち上がってる事を誇りに思います」

 このツイートに対し、ネット右翼と見られる安保法案肯定派からの批判が殺到し、ツイッターは大炎上。「外国籍のハーフタレントは黙ってろ!」といった中傷も少なくなかった。このようなケースでは、謝罪や閉鎖などで逃げるタレントが多いが、SHELLYはひるむことなく切り返した。毅然かつ軽妙なコメントによって炎上は鎮静化しつつある。

 元プロレスラーでタレントの高田延彦も、かつての闘いぶりさながらの小気味いいツイートで安保法案を正面からこう批判している。

「安倍氏は『おごりや油断が生じれば‥‥‥』と述べたらしいが、本人が先頭に立って驕っている事実にまったく気づかない」「憲法のスペシャリスト、オーソリティーが異口同音に憲法違反だと宣言しているのに、政権から出てくるのは苦しまぎれで低レベルな言葉の羅列。高村氏の『憲法学者はどうしても憲法の字面に拘泥する』という言い草はナニ? ご都合主義も甚だしい」

 馳浩を筆頭にプロレスから政治の世界に転身する例は少なくないが、その多くは保守勢力に身を置いている。それだけに、彼らと一線を画する高田の発言は意外性も含めて話題となっている。

 その他、渡辺えり、鴻上尚史といった演劇人からも反対の声があがっている安保法制。CMやテレビ出演などを気にして政治的発言はタブーとされてきた日本の芸能界も変わりつつあるのか。政権の思惑どおりゴリ押しで成立させたとしても、この火種はしばらく鎮火しそうにない。

(金子良太)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
3
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
4
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
5
手越祐也、大ファンだった「後藤真希と急接近」で危惧される“アパ不貞”密会!