芸能

石原さとみ 月9主演でも番宣取材に記者たちが取材拒否

20150924_1001b

 女優の石原さとみ(28)が10月スタートのドラマ「5→9(5時から9時まで)~私に恋したお坊さん~」で、フジテレビの看板ドラマ枠・月9初主演を果たす。

 石原といえば、今や“共演者キラー”と言われるだけに、共演者・山下智久(30)も落としてしまうのでは、と憶測を呼んでいる。実際、同ドラマでも石原のフェロモンがあふれ出るシーンが用意されているようだ。

「第1回で石原が、山下に殻を剥いてもらったカニを夢中でほおばる。欲望を抑えられないポッテリ唇の動き、艶に、情欲をかきたてられてしまいます。ドシャ降りの中、山下に抱き止められ、誘うように目を閉じるシーンもある。初回から期待させますよ」(ドラマ関係者)

 石原の色香も伴って話題を呼びそうなドラマだが、さらなる視聴者拡大を目指す番宣には不安が残っているというのだ。

「若い頃から、石原は宣伝取材での評判が芳しくなかった。出演映画のインタビューで、役作りや印象に残ったシーンをあれこれ聞いても、『別に何とも』とか『特にないですね』など、そっけない答えを連発したあげく、あろうことか『私、映画のこと話しに来たんじゃないんですけど!』と、まるで『別に‥‥』事件を巻き起こした沢尻エリカのようにぶんむくれる姿も当たり前でしたからね」(スポーツ紙芸能デスク)

 それでも、周囲は誰もその態度をとがめてこなかったという。その一方で、

「プロデューサーや映画監督など、いわゆる、それなりの地位の人には愛想や笑顔を振りまくんです。その変わり身にもアゼンとさせられて‥‥」(映画業界関係者)

 業界内では、そんな石原を敬遠するかのような動きもあるようで‥‥。

「後編が公開間近の映画『進撃の巨人』(東宝)でも、主要キャストでは石原のインタビュー記事だけがほとんどなかった。石原へのインタビューをお願いされても“逆NG”を出す記者たちが増えたといいます」(前出・スポーツ紙芸能デスク)

 ごちゃごちゃ語らず作品で見せる。これが美女優の美学なのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Snow Man渡辺翔太の発言が騒動に!ガーシー予告「もう一組抜ける」の信ぴょう性
2
平愛梨とあの女優は真逆!W杯観戦姿を撮られた「有名妻の対応」に差が出たワケ
3
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
4
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意
5
太田光代に続く逸材!?明石家さんまを大爆笑させた吉本若手芸人「鬼嫁」の抜群センス