芸能

武田久美子 赤い貝殻もOK?離婚決定で「四十路大胆水着」公開

20150924_1001mm

「本当に久しぶりの水着!! ひょっとしたら1年ぶりぐらいかも!?」

 8月25日付のブログで近況とともに「四十路水着」を披露したのは武田久美子(47)。そのバストは、三角布からこぼれそうなほどのボリュームを保っていた。

 あの貝殼バストで一世を風靡した写真集「マイディア ステファニー」(ワニブックス)から26年、当時と変わらぬグラマラスボディに、芸能評論家の織田祐二氏は興奮を隠せない。

「20代で出したヘアヌードは穴が開くほど見ましたが、エクササイズに余念がないだけにプロポーションは変わらず。エロスがにじみ出ていた大ぶりな乳輪がどう進化したか、水着の下をのぞいてみたいですね」

 私生活では2000年にアメリカ人男性と結婚。カリフォルニアに移住し、1女をもうけたが、昨年から離婚協議中だ。

「仕事を優先して家庭を顧みない夫に三行半を突きつけたんです。夫がセレブとして紹介されることもありましたが、実際は武田が日本で作った貯金を切り崩して生活していたようです。今回の離婚に関しても、多額の弁護士費用が大きな負担になっています」(芸能記者)

 離婚が決定的となって、本格復帰を果たした武田は、昨年11月にフォトエッセイ「KUMIKO BIBLE」(角川書店)を発売。記念イベントでは、前述した伝説の写真集に触れて、

「赤い貝殼なら着けてもいいワ」

 と、赤いちゃんちゃんこになぞらえ、

「還暦ヌード」を大胆予告したのだ。13年後と言わず、旬のハダカを拝みたいところだが‥‥。

「現在も生活の拠点はアメリカで、典型的な“出稼ぎ女優”。日本で忘れ去られる危機感は常に抱いています。そんな武田は、美しさをキープするために、ワインやマグロなどの赤い食材を積極的にとることで有名。そんなこだわりもあって、赤い貝殼を使ったヌードに抵抗は抱かないでしょう」(前出・芸能記者)

 ブログのビキニ写真公開は、“赤貝”ヌード復活のノロシだったと信じたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
3
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
5
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」