芸能

おのののかが大っ嫌い!? 小島瑠璃子の“宣戦布告”がマジすぎて怖い

20150927kojima

 続々と若手も台頭し、決して多くはないバラエティ番組の出演枠をめぐって、しのぎを削り合う女性タレントたち。中でも、互いがグラドルとしても活躍する小島瑠璃子とおのののかは天秤にかけられることが多いという。

 ここにきて2人にがぜん注目が集まるきっかけになったのが、21日の深夜に放送された特別番組「ドリラジ~あなたのイメージを確認します~」(フジテレビ系)での、小島による女性タレントの格付けだ。

 その内容は小島が、おのや菊地亜美、指原莉乃、SHELLY、鈴木奈々、平愛梨、ベッキーといった女性タレント7名と「ビジュアル」や「面白さ」などの部門で、自身より上か下かに配置してランク付けしていくというもの。小島は女性タレントの生命線ともいえる面白さ部門で、自身より下の位置に唯一おのだけを配置。最後に発表した総合力ランキングでも自身を6位にしたうえで、おのを最下位に据え置いたのだ。

 おのについては「仲も良いし、同じバラエティを愛する同志」と説明したものの、この結果に共演者から「マジだろ」「完全におのののか批判」「この女コワっ!」とネタにされる始末だった。

 実際のところ、この二人の関係性とはどのようなものなのか?

「年齢はおのの方が2つ上ですが、芸歴は小島のほうが長いです。現在、小島は6つのレギュラー番組を持っていますが、それに対しておのは0本。確かにタレントとしてのランクでは小島のほうが上であることは間違いないでしょう。ですが、かつては東京ドームでナンバーワンのビールの売り子だったおのは、向上心というか業界をなんとか生き抜いていこうという野心がスゴイ。売り子時代は3時間で400杯のビールを売り上げた彼女は、気配りができることに加え、見た目以上に頭が切れる。そのため、戦略性にも長けている。徐々に業界でのポジションを確立しており、小島もウカウカはしていられない。それだけにランク付けでの攻撃は“本心”ではないでしょうか」(週刊誌記者)

 おのは以前、「週刊プレイボーイ」のインタビューでライバルを聞かれ、小島と答えている。そのインタビューの中で、東京オリンピックでスポーツキャスターになりたいという願望も明かしており、密かに英語も勉強中なのだとか。

 また、19日に放送されたバラエティ番組「有吉の夏休み」(フジテレビ系)でも、おのはソツなく水着姿を披露し男性視聴者たちをうならせている。ちなみに前述した格付けのビジュアル部門においてのみ、小島はおのを自身より上と評価している。どちらも同性には人気がないことで有名だが、はたしてこの宣戦布告ともいうべきランク付けを覆し、おのは下剋上を実現することができるのか!?

(田村元希)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」