スポーツ

【宣戦布告】阪神・岡田彰布プッツン激高!主力にぶつけまくり58死球のヤクルト「ひるまず突っ込め」トンデモ指令

 阪神タイガースの岡田彰布監督が、プッツン大激怒だ。原因は9月3日のヤクルト戦(神宮球場)の9回に、近本光司が右脇腹付近に死球を食らったことにある。痛みからしばらく身動きできない近本は打席に倒れ込んだ後、トレーナーとともにベンチに下がり、小野寺暖と交代した。

 ヤクルトは8月13日に、梅野隆太郎が左手首骨折となる死球を受けた忌まわしき相手。偶然なのか、はたまた…。次々と主力が狙われる異常事態に、岡田監督は怒りを隠さない。

「2年連続優勝したチームが情けない。あきれるよなぁ。そういうチームなんだろっ!」

 宣戦布告ともとれる憤慨ぶりを見せたのである。セ・リーグ関係者が苦笑する。

「投手陣の実力で劣るヤクルトは、捨て身の内角攻めで揺さぶりをかけようと必死です。シュートを持ち球にする木沢尚文や山本大貴に首脳陣が『ひるむことなく突っ込め』と内角攻めを推奨しているようですし。コントロールがないピッチャーに玉砕覚悟の指令を出している時点で、対戦相手からしたらたまったものではありません」

 近本の死球について、ヤクルトの高津臣吾監督は言い訳がましく、次のように弁明した。

「もちろんぶつけようと思ってぶつけているわけではない。持ち球がシュートなので、そこにいってしまった」

 ヤクルトの与死球数はここまで12球団最多の58で、他球団の主力打者を中心に、当てまくっている。中日の石川昂弥は8月19日のヤクルト戦で、木沢の投球が左側頭部に当たり、緊急搬送されて病院送りに。8月23日には巨人の坂本勇人が小川泰弘の頭部付近への投球で体をのけぞらせ、巨人ファンからの怒号が飛び交った。

「ヤクルトのやり口に、各球団は怒りを募らせています。明らかな報復死球はできませんが、村上宗隆や山田哲人、中村悠平といったヤクルトの主力に対し、今後、死球スレスレの内角攻めが発動されることは間違いありません」(スポーツ紙デスク)

 目標がなくなり、失うモノがないヤクルト。シーズン終盤のセ・リーグに生臭い風を吹き込んでいる。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」