芸能

熟れ頃女子アナたちがフェロモン競艶「仕事を控えている滝川クリステルの意図は?」

20151015d

 近頃テレビでの“おもてなし”ぶりがトンとごぶさたなのが滝川クリステル(38)だ。

「現在のレギュラー番組はゼロ。特番以外にテレビで見られるのはCMだけです。それでも東京五輪招致の功績に加え、斜め45度の流し目色香は健在なだけに、各局から新番組の司会のオファーが舞い込んでいます。しかし、本人は即NGを出しているのです」(テレビ誌記者)

 今年9月にかつて交際していた俳優の小沢征悦との復縁を女性誌が報じた。仕事を控えているのは寿ゴールインが近いからか──。

「小沢とは単なる腐れ縁の友人関係です。現在は、通っているテニスクラブのサークル内に新しいカレ氏ができたようです」(カメラマン)

 東京五輪関連の不祥事が続発する最中でも雲隠れ。新恋人とよろしくやっていたからか、と疑いたくなる。

「仕事は安請け合いせず、極力セーブしている。それでも単発では5月の全仏テニスをレポート。バストラインまる見えのセクシーな白ニット服でした。8月の旅番組ではウエットスーツ姿を披露しており、エロスは衰えていませんでした。今後もイベント司会などでセクシードレスに期待できそう」(女子アナウオッチャー・丸山大次郎氏)

 今年7月にフィギュアスケートの小塚崇彦と婚約を発表。5歳年上の姉さん女房誕生へカウントダウン状態なのが、フジ・大島由香里アナ(31)。

「当の小塚が現役引退間近ということもあり、大島アナは退社せずに、しばらくは『あしたのニュース』を継続することになります」(テレビ誌記者)

 引き続きフジの夜の顔も続行とのことだ。

「『あしたの──』は大島がメインキャスターながら、外ロケが多いのが特徴で、まれにドッキリシーンが見られます。最近もタクシーの取材で、後部座席でしっかりシートベルトに爆乳を食い込ませて、ニュース番組に不似合いの映像を見せていました。かつて女性用ふんどしを敢行した伝説的な体当たりレポートが持ち前。結婚してからも見逃せません」(前出・丸山氏)

 最後は今年7月、写真週刊誌に交際中のカレ氏と猛烈な路チュー写真をスクープされたTBS・出水麻衣アナ(31)だ。

 その後、ラジオ番組で、

「路チューは5年前にも一度。私は人生において2回も世間様にこのような痴態をさらしてしまった」

 と反省しきりだった。

「局プロデューサーからこってりしぼられたそうですが、出水アナは酒を飲むと大胆になるタイプ。キス魔になるので、3度目がありそう」(芸能評論家・織田祐二氏)

 こんな艶っぽい不祥事なら、いつでも大歓迎だ!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
2
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!