芸能

過激シーンも!乃木坂46の本格舞台で映画関係者が目を光らせたメンバーは?

20151017nogizaka

 乃木坂46の生駒里奈、桜井玲香、若月佑美をはじめとした8人のメンバーたちが出演した舞台「すべての犬は天国へ行く」が、12日に無事に千秋楽公演を迎えた。

 同作では鳥居みゆきをはじめとした個性派女優たちと共演。内容もシリアスコメディと、乃木坂が未踏の地だっただけに反響も大きかった。

 特に今作はオトナな要素も多く盛り込まれていた作品だっただけに、生駒が下ネタを口にしたり、桜井が過激シーンに挑戦するなど、今までの乃木坂では考えられないような演出も多く、それに衝撃を受けるファンも多かったようだ。そのため、今回の舞台の内容にも賛否両論はあったようだが、やはり乃木坂の可能性が広がったという見方が強い。

「プロの演者たちに混ざってのガチの舞台ですので、アイドルイベントを観覧するような気持ちで劇場に足を運んだファンの中には『思っていたのと違った』という声もあったようです。ですが、逆を言うとそれだけいつもの彼女たちからは想像もできないキャラを発揮していたということです。実際、今回出演したメンバーたちの本格的な演技を目の当たりにして、演劇に興味を持ったというツイートも多く見受けられました。余談になりますが、特に注目を浴びていたのは、乃木坂の枠から飛び出てソロでの舞台経験もある井上小百合でしたね。彼女の演技にはファンはもちろん、映画関係者も目を光らせていたようです」(アイドル誌記者)

 冠番組で共演するバナナマン・設楽統も同舞台を鑑賞したようで、それぞれのメンバーの頑張りを認めたうえで、「『乃木坂=アイドル』っていうのをちょっと壊そうとしてるのかというのを感じた」と感想を述べ、普段とのギャップに驚いたとのこと。

 また、脚本を担当した劇作家のケラリーノ・サンドロヴィッチ氏は「なにより、ああした世界にいながらこうした作品に挑んでくれたことを評価。が、問題を挙げればキリがない」と少々辛口なコメントを残している。

 今回の舞台には出演していないが、東京・赤坂ACTシアターで11月12日に開幕する舞台「リボンの騎士」で主演を務める生田絵梨花など、将来は舞台女優としての活躍を目指すメンバーも多い、乃木坂46。ワンランク上のアイドルを目指すメンバーたちの今後の女優活動からも目が離せない。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CMで見せた“まん丸お椀型Eバスト”躍動に垣間見える「覚悟」
2
小泉今日子「略奪愛&政治色」を払拭する「桃色ステージ」(1)復活に水を差す不貞の代償
3
元巨人スコアラーが明かした松井秀喜の「不器用」と高橋由伸「無冠」の理由
4
宇垣美里がガチで狙われていた?ピスタチオ小澤、嫁との交際を拒んだ仰天理由
5
人気局アナ「No.1アイドル争奪」下剋上バトル勃発(2)日テレ・市來玲奈と岩田絵里奈に不仲説?