芸能

2015新人女子アナの素顔を一挙公開!「アナウンス力に定評のあるテレ朝・田中萌アナ」

20151029n

 最後はテレ朝の3人娘。中でも田中萌アナ(23)は、新人ながら「グッド!モーニング」に抜擢され、テレ朝の新たな朝の顔に指名されている。

「同期3人の中ではダントツにアナウンス能力が抜けているだけに朝番組に抜擢されたのも納得です。名前どおり可憐で嫌みのない萌え系のかわいらしさにテレ朝の特徴である清楚アナとしての大器を感じさせます。また、高校時代はチアリーディング部に所属していたという体育会系の一面もあり、いつ披露してくれるのか楽しみです」(女子アナウオッチャー・丸山大次郎氏)

 さっそく番組では毎朝のように萌いじりが行われていた。10月14日の放送のラストでは、ラグビーW杯で一躍有名になった「五郎丸ポーズ」が話題に。ここですでに画面に登場していた「グッド──」のあとに続けて放送される情報番組の司会・羽鳥慎一が強要するように、「萌ちゃん、ちょっとやってみて」とリクエスト。すると、従順に人さし指をピンと立てると、それは“五郎丸”ならぬ“カンチョー”ポーズにしか見えない。さらに、

「横向いて、もっと左に」

 などと羽鳥に指示されると、妙なポーズのまま言いなりになる田中アナ。その姿に視聴者も萌え~っ!

 紀真耶アナ(22)は、学生時代にミス・アースのほかモデルの仕事もこなすセミプロとして入社。10月から抜擢された深夜の生放送番組「お願い!ランキング」ではスレンダーな脚線美を披露している。

「夏の六本木ヒルズ盆踊り大会では、やぐらの上に浴衣姿で登場。スラッとしたシルエットがフォトジェニックでした」(カメラマン)

 同じく「お願い──」を担当するのが池谷麻依アナ(23)だ。

 10月14日放送の同番組では、特技だという生ギター演奏を披露した。が、ゴールデンボンバーの「女々しくて」のサビにさしかかると、あまりの音痴ぶりにロバート秋山が「テレビでやっちゃダメでしょ」とお叱り。それでもまったくめげないツワモノぶりだった。

「2人ともまだまだ粗削りですが、堂々としているところに将来性を感じます。バラエティで従来のテレ朝の型にハマらないお色気を期待したい」(前出・丸山氏)

 かくもかぐわしい新人美女アナたちの解禁で各局がにわかに華やいできた。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
3
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
4
アンタッチャブル柴田“タメ口タレントってどうなの?”発言にネット大喝采
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?