芸能

2015新人女子アナの素顔を一挙公開!「アナウンス力に定評のあるテレ朝・田中萌アナ」

20151029n

 最後はテレ朝の3人娘。中でも田中萌アナ(23)は、新人ながら「グッド!モーニング」に抜擢され、テレ朝の新たな朝の顔に指名されている。

「同期3人の中ではダントツにアナウンス能力が抜けているだけに朝番組に抜擢されたのも納得です。名前どおり可憐で嫌みのない萌え系のかわいらしさにテレ朝の特徴である清楚アナとしての大器を感じさせます。また、高校時代はチアリーディング部に所属していたという体育会系の一面もあり、いつ披露してくれるのか楽しみです」(女子アナウオッチャー・丸山大次郎氏)

 さっそく番組では毎朝のように萌いじりが行われていた。10月14日の放送のラストでは、ラグビーW杯で一躍有名になった「五郎丸ポーズ」が話題に。ここですでに画面に登場していた「グッド──」のあとに続けて放送される情報番組の司会・羽鳥慎一が強要するように、「萌ちゃん、ちょっとやってみて」とリクエスト。すると、従順に人さし指をピンと立てると、それは“五郎丸”ならぬ“カンチョー”ポーズにしか見えない。さらに、

「横向いて、もっと左に」

 などと羽鳥に指示されると、妙なポーズのまま言いなりになる田中アナ。その姿に視聴者も萌え~っ!

 紀真耶アナ(22)は、学生時代にミス・アースのほかモデルの仕事もこなすセミプロとして入社。10月から抜擢された深夜の生放送番組「お願い!ランキング」ではスレンダーな脚線美を披露している。

「夏の六本木ヒルズ盆踊り大会では、やぐらの上に浴衣姿で登場。スラッとしたシルエットがフォトジェニックでした」(カメラマン)

 同じく「お願い──」を担当するのが池谷麻依アナ(23)だ。

 10月14日放送の同番組では、特技だという生ギター演奏を披露した。が、ゴールデンボンバーの「女々しくて」のサビにさしかかると、あまりの音痴ぶりにロバート秋山が「テレビでやっちゃダメでしょ」とお叱り。それでもまったくめげないツワモノぶりだった。

「2人ともまだまだ粗削りですが、堂々としているところに将来性を感じます。バラエティで従来のテレ朝の型にハマらないお色気を期待したい」(前出・丸山氏)

 かくもかぐわしい新人美女アナたちの解禁で各局がにわかに華やいできた。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」