芸能

月9ヒロイン・石原さとみのバイオレンスな行動が“意外な層”を鷲掴み!

20151025ishihara

 視聴率だけでいえば成否のボーダーライン上に着地した、石原さとみ主演の月9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」(フジテレビ系)。第2話が19日に放送されだわけだが、同回の石原の“バイオレンスな行動”がある特定層にクリティカルヒットしているようだ。

 同作は石原演じる桜庭潤子が山下智久演じるイケメン僧侶・星川高嶺から強引に求婚を迫られ、恋愛関係に発展していくというラブコメディ。2回目の放送では、そのアプローチがさらにエスカレート。潤子は半強制的にお寺での花嫁修業をする羽目になる。

 桜庭家に高嶺の祖母・星川ひばり(加賀まりこ)が、小坊主たちを従えて突如現れ、小坊主たちに潤子の荷物を寺に運び出すように指示。小坊主たちが荷物を勝手に運び出そうとするのだが、その際に潤子は必死の抵抗。小坊主の頭を引っ叩き、頭からはパチンッというみごとな快音が放たれたのだ。ドラマらしからぬガチな快音シーンに、直後のツイッターは「何、今の? 見ていて何か気持ちよかった~」「幸せすぎる引っ叩かれぶり」などといった書き込みで盛り上がるなど、視聴者に十分なインパクトを与えたようだ。

 中でもこのワンシーンを含め、今回の放送に食いついた中に坊主頭の代名詞でもある高校球児たちがチラホラいたのだという。

「月9の時間はちょうど就寝前に観ている寮生が多いんですかね。『監督より石原さんに俺の五厘刈りを叩かれたい』という書き込みがあり、ちょっと笑いました。潤子が花嫁修業として1週間お寺に住み込み、高嶺や小坊主たちと生活を共にしますが、坊主に囲まれながら朝食を作ったり、掃除をしたりとお寺のために尽くし、それを微笑ましく見つめ馴染む小坊主たち‥‥という画を球児たちは自分たちに投影したんでしょうね。寮生活している野球部員などが接する女性といえば、おそらく寮母のようなおばさんだけ。ですから、引っ叩かれ願望の球児以外にも『うちは(寮母が)久本雅美だからな…』『寮母が美人ならもっと頑張れる』といった類の声も上がっていましたね」(週刊誌ライター)

 あくまで軽いノリの妄想だろうが、坊主頭シチュエーションのおかげで意外なファンを獲得した石原さとみ。恋が成就した際は、さらに悶々とした書き込みが増えそうだ。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
2
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
4
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
5
本田望結が「男性経験人数」をカミングアウト!結婚するのは24歳で…