芸能

タモリが司会辞退で目玉なし?トホホ紅白の全舞台裏「結婚した福山雅治が頼みの綱だが…」

20151105i-4

“司会不在”が響いたか、演目までも肩透かしとなりそうだという。

「お手盛りと言われても、一昨年は『あまちゃん』、昨年は『花子とアン』など、自前のヒットドラマにちなんだコーナーで盛り上げることができた。しかし今年は朝ドラ『まれ』も、大河『花燃ゆ』も、ともに視聴率で惨敗。とても紅白の晴れ舞台には上げられません」(スポーツ紙文化部記者)

 1年を振り返るという意味でブームや話題の人にあやかるのが紅白だが──。

「白組では吹石一恵(33)と結婚した福山雅治(46)の出演が堅い。結婚ソング『家族になろうよ』で年を締めくくりたいところです。しかし福山は当日ライブがあるので、会場からの中継となり、トリは果たせません。また、デビュー35周年の近藤真彦(51)の出場も濃厚です。昨年は同事務所から6組も出場したジャニーズが、さらに出場者を増やしそう」(前出・スポーツ紙文化部記者)

 対する紅組はお寒いかぎり。昨年は中森明菜のサプライズ出演のほか、薬師丸ひろ子(51)など80年代アイドルの久々の復活に、オヤジ世代も溜飲を下げた。

「8月に放送された“夏版紅白”とも言われる『思い出のメロディー』では、高田みづえ(55)が『私はピアノ』を歌い、30年ぶりにテレビ復帰を果たしています。また、松坂慶子(63)も脚見せスリットドレス姿で『愛の水中花』を歌い、司会の北島三郎(79)を悩殺していただけに可能性は高い」(前出・スポーツ紙文化部記者)

 他にも、河合奈保子(52)はデビュー35周年、今井美樹(52)も30周年で、それぞれ記念アルバムを出しており、出演オファーの可能性は高いという。

「中でも有力なのが斉藤由貴(49)です。今年はデビュー30周年を記念し、ライブやCDも発売するなど、音楽活動を復活させています。来年の大河『真田丸』にも出演が決まっており、紅白への道筋はすでにできている」(芸能デスク)

 86年の朝ドラ「はね駒(こんま)」のヒロインを演じ、紅組司会の大役を務めているだけにこちらも濃厚だ。しかし、これ以上のサプライズ出場がなければ、“懐メロ紅白”で終わるのは間違いなし。

「もはや紅白に出場が見込める大物は払底しています。頼みの綱は審査員枠。ラグビー日本代表の五郎丸歩(29)、芥川賞の又吉直樹(35)、来年の大河主演の堺雅人(42)などを招待することくらい」(前出・芸能デスク)

 タモリが司会を蹴ったのは、冴えない紅白でイメージを落としたくなかったから、と勘ぐりたくもなる。

 ヒット曲、大物目玉、サプライズ出場もなし! ジリ貧の紅白に音楽評論家の宝泉薫氏は提言する。

「今の時代に2部制、4時間半もの長尺番組は合わない。とはいえ、ヒット曲がなくても趣向を凝らせば1年を振り返る番組は存続できるはずです」

 もはや無用の長物の紅白は、そろそろ見納めか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
まさかの模倣犯?埼玉の男児殺害事件に日本テレビが震撼か
2
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
3
松本人志は許すのか?「ガキ使」霜降りせいやの七変化に批判殺到のワケ
4
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
5
朝日奈央が“最も芸人に狙われるタレント”に進化した6つの理由!