芸能

フジ・加藤綾子アナ あの”退社騒動”で明るみになった内外争奪戦と婚活「フジの番組同士で取り合いも…」

20151105d-2

 フジでは、この5年間で本田朋子(32)や平井理央(32)など、8人の局アナが退社。エースを任せられる人材が育っていないだけに、看板アナの残留に上層部はホッと胸をなで下ろすと同時に、なりふりかまわず加藤アナ厚遇の「約束手形」を切る手段に出た。

「亀山社長らが加藤アナと話し合いの場を持ち、今後の要望を聞きました。本人は報道志向が強いことを伝えたそうです。以前、中野美奈子(35)がフリー転身を考えていた時、希望を聞き入れて『とくダネ!』の司会を用意したことがあるだけに、加藤の要望もすんなり実現するでしょう」(放送担当記者)

 いったいどの時間帯の報道番組に「移籍」するのか。フジ局員によれば、

「有力なのは、夕方に放送されている『みんなのニュース』。生野陽子アナ(31)がメインキャスターですが、昨年、同期の中村光宏アナ(31)と結婚しました。局内では妊娠して退社が既定路線。加藤アナに後釜を任せれば番組は安泰です」

 そこに「待った」をかけて争奪戦に参戦したのは、安藤優子(56)が司会を務める昼の情報番組「直撃LIVE グッディ!」だった。

「視聴率1%台に沈み、大惨敗。救世主として加藤アナは喉から手が出るほど欲しい存在です。バラエティで見せる天然ぶりを生かしたコーナー企画まで提案しています」(制作スタッフ)

 さらに局幹部は加藤アナに対し「幹部候補生として考えている」とまで約束し、

「結婚しても幹部候補として育てる方針で、アナウンス部長のポストが検討されています」(前出・フジ局員)

 結婚、熱愛といえば、13年10月に巨人・片岡治大(32)との焼き肉デート、昨年2月にはメジャーリーガーのダルビッシュ有(29)との密会が報じられている。今年9月には週刊アサヒ芸能も、渋谷区内の高級飲食店で20代後半とおぼしき男性と親密そうに食事をしていたとの目撃談をキャッチ。

「歴代出演者がメンバーの“めざましファミリー”の飲み会で、高島の夫で『ゆず』の北川悠仁(38)が億単位の納税をしたという話になりました。カトパンは『私もそういう男を捕まえたほうがいいのかな』と言ったとか」(番組関係者)

 結婚後のキャリアに不安がなくなったことで、婚活にますます拍車がかかりそうなのだ。

 さて、局内では同時に、「めざましテレビ」の「ポスト・カトパン」についても議論されている。

「『グッディ!』に出演する三田友梨佳アナ(28)が候補にあがりましたが、安藤さんが手放したくないようで番組スタッフに『移籍阻止』を公言しています。そこで『すぽると!』の宮澤智アナ(25)が急浮上。上層部は、過去に報じられた巨人の小林誠司(26)との交際をおもしろく思っておらず、『朝の番組を任せれば、会う機会が減って別れるのでは』との思惑込みで期待されています」(前出・フジ局員)

 さまざまな人材を巻き込むスターアナの処遇。女王として君臨するのも遠い話ではない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
3
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!
4
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
5
息子が事故に!?くわばたりえが明かした「警察からの電話」判別法は使えるか