芸能

感涙の”名セリフ&名シーン”50年秘史!「必殺仕事人・鮎川いずみ」

20151105f-2

「それで今日は、どこのどいつを殺(や)れとおっしゃるんで?」──藤田まことの代表作となった「必殺仕事人」(79~92年、ABC系)は、庶民のうっ屈した恨みを晴らして大ヒットした。紅一点の「何でも屋の加代」に扮した鮎川いずみ(64)が、思い出の場面を語る。

「必殺」のシリーズに二枚目はたくさんいましたよ。三味線屋の勇次(中条きよし)に飾り職人の秀(三田村邦彦)、鍛冶屋の政(村上弘明)に組紐屋の竜(京本政樹)も。だから仕事人たちの連絡係である「何でも屋の加代」は、気取る必要がないんです。

 以前も時代劇には出ていたけど、加代のキャラクターに合わせて全てのしぐさを変えました。これまでが流し目の色っぽい表情なら、加代は上目使い。内股で歩いていたのが、「金のためなら」とふくらはぎが見えるくらい大股で走って。

 いや、どこかにお金が落ちてないかと、軒下を探すような歩き方にまで変わりましたから(笑)。

── 92年で女優業を引退し、実業家に転身している鮎川だが、今回、特別に「必殺のことなら」と応じてくれた。それは、番外編を含めて10年以上を共に過ごした「加代」への恩義である。

「必殺」のシリーズは、恨みを残して死にゆく者が、頼み料とともに「仕事」を託す。仕事人たちが集まる場を加代が仕切るんですが、ここは性格が出ますね。

「あんな女の子が殺されて金なんかもらえねえ!」

 そう言うのは秀が多かった。秀は殺される女の子と心を通わせる場面も多かったですから。

 これをいさめるのが加代の役目でしたね。

「受けたよ。仕事なんだから、しっかりおし!」

 とにかく金を稼ぐ、いつでも親指と人さし指で「金ちょうだい」のポーズを取っている加代のキャラを徹底させていました。

 そして、それぞれが「仕事」の見せ場に向かって行きます。最後は必ず、中村主水が口上をつぶやく。

〈人生50年‥‥てめえは2つ生きすぎた〉

〈おめえにはもう一度転職してもらうぜ。こんどは閻魔の草履番だ〉

 そして、みごとな太刀さばきで大物をしとめます。

 撮影は夜までかかることも多かったし、ドラマだけじゃなくて映画や舞台もありました。一年中が「必殺」に追われているようなスケジュールでしたけど、あれほど斬新で、あれほど愛された時代劇に出させてもらったことは、引退した今も忘れられません。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「おかあさんといっしょ」上原りさの「卒業」でパパたちの楽しみが消滅!?
2
高橋真麻、視聴者が絶賛した「ZOZO前澤氏ツイッター休止」への痛烈指摘!
3
ダレノガレ明美「ドナー登録呼びかけ」への批判が“特に厳しかった”理由
4
清水富美加と結婚させられそうになった!?大川隆法長男「独白」報道の衝撃
5
「四大陸選手権優勝」宇野昌磨、ファンをキュンキュンさせた「疲労困憊」画像!