芸能

感涙の”名セリフ&名シーン”50年秘史!「必殺仕事人・鮎川いずみ」

20151105f-2

「それで今日は、どこのどいつを殺(や)れとおっしゃるんで?」──藤田まことの代表作となった「必殺仕事人」(79~92年、ABC系)は、庶民のうっ屈した恨みを晴らして大ヒットした。紅一点の「何でも屋の加代」に扮した鮎川いずみ(64)が、思い出の場面を語る。

「必殺」のシリーズに二枚目はたくさんいましたよ。三味線屋の勇次(中条きよし)に飾り職人の秀(三田村邦彦)、鍛冶屋の政(村上弘明)に組紐屋の竜(京本政樹)も。だから仕事人たちの連絡係である「何でも屋の加代」は、気取る必要がないんです。

 以前も時代劇には出ていたけど、加代のキャラクターに合わせて全てのしぐさを変えました。これまでが流し目の色っぽい表情なら、加代は上目使い。内股で歩いていたのが、「金のためなら」とふくらはぎが見えるくらい大股で走って。

 いや、どこかにお金が落ちてないかと、軒下を探すような歩き方にまで変わりましたから(笑)。

── 92年で女優業を引退し、実業家に転身している鮎川だが、今回、特別に「必殺のことなら」と応じてくれた。それは、番外編を含めて10年以上を共に過ごした「加代」への恩義である。

「必殺」のシリーズは、恨みを残して死にゆく者が、頼み料とともに「仕事」を託す。仕事人たちが集まる場を加代が仕切るんですが、ここは性格が出ますね。

「あんな女の子が殺されて金なんかもらえねえ!」

 そう言うのは秀が多かった。秀は殺される女の子と心を通わせる場面も多かったですから。

 これをいさめるのが加代の役目でしたね。

「受けたよ。仕事なんだから、しっかりおし!」

 とにかく金を稼ぐ、いつでも親指と人さし指で「金ちょうだい」のポーズを取っている加代のキャラを徹底させていました。

 そして、それぞれが「仕事」の見せ場に向かって行きます。最後は必ず、中村主水が口上をつぶやく。

〈人生50年‥‥てめえは2つ生きすぎた〉

〈おめえにはもう一度転職してもらうぜ。こんどは閻魔の草履番だ〉

 そして、みごとな太刀さばきで大物をしとめます。

 撮影は夜までかかることも多かったし、ドラマだけじゃなくて映画や舞台もありました。一年中が「必殺」に追われているようなスケジュールでしたけど、あれほど斬新で、あれほど愛された時代劇に出させてもらったことは、引退した今も忘れられません。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
4
上沼恵美子とオール巨人が辞退した「M-1審査員」の後釜候補者9人
5
火遊びOK!?上白石萌歌「大好きな俳優と出演作」が物語る「アブない性衝動」