芸能

感涙の”名セリフ&名シーン”50年秘史!「必殺仕事人・鮎川いずみ」

20151105f-2

「それで今日は、どこのどいつを殺(や)れとおっしゃるんで?」──藤田まことの代表作となった「必殺仕事人」(79~92年、ABC系)は、庶民のうっ屈した恨みを晴らして大ヒットした。紅一点の「何でも屋の加代」に扮した鮎川いずみ(64)が、思い出の場面を語る。

「必殺」のシリーズに二枚目はたくさんいましたよ。三味線屋の勇次(中条きよし)に飾り職人の秀(三田村邦彦)、鍛冶屋の政(村上弘明)に組紐屋の竜(京本政樹)も。だから仕事人たちの連絡係である「何でも屋の加代」は、気取る必要がないんです。

 以前も時代劇には出ていたけど、加代のキャラクターに合わせて全てのしぐさを変えました。これまでが流し目の色っぽい表情なら、加代は上目使い。内股で歩いていたのが、「金のためなら」とふくらはぎが見えるくらい大股で走って。

 いや、どこかにお金が落ちてないかと、軒下を探すような歩き方にまで変わりましたから(笑)。

── 92年で女優業を引退し、実業家に転身している鮎川だが、今回、特別に「必殺のことなら」と応じてくれた。それは、番外編を含めて10年以上を共に過ごした「加代」への恩義である。

「必殺」のシリーズは、恨みを残して死にゆく者が、頼み料とともに「仕事」を託す。仕事人たちが集まる場を加代が仕切るんですが、ここは性格が出ますね。

「あんな女の子が殺されて金なんかもらえねえ!」

 そう言うのは秀が多かった。秀は殺される女の子と心を通わせる場面も多かったですから。

 これをいさめるのが加代の役目でしたね。

「受けたよ。仕事なんだから、しっかりおし!」

 とにかく金を稼ぐ、いつでも親指と人さし指で「金ちょうだい」のポーズを取っている加代のキャラを徹底させていました。

 そして、それぞれが「仕事」の見せ場に向かって行きます。最後は必ず、中村主水が口上をつぶやく。

〈人生50年‥‥てめえは2つ生きすぎた〉

〈おめえにはもう一度転職してもらうぜ。こんどは閻魔の草履番だ〉

 そして、みごとな太刀さばきで大物をしとめます。

 撮影は夜までかかることも多かったし、ドラマだけじゃなくて映画や舞台もありました。一年中が「必殺」に追われているようなスケジュールでしたけど、あれほど斬新で、あれほど愛された時代劇に出させてもらったことは、引退した今も忘れられません。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…
3
Gカップはどこへ?夏菜、最新ショットで急浮上した衝撃の「バスト縮小」疑惑!
4
姉・平愛梨を超えた!?平祐奈の胸が急成長しているッ
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)