スポーツ

白鵬・ライブ相撲マンガ、初めての朝稽古見学で関取が発した「名ゼリフ」!

 優勝決定戦の末、照ノ富士の2場所連続優勝で千秋楽の大相撲夏場所(五月場所)。休場中の白鵬が進退をかけて臨む七月場所が、図らずもモンゴル出身の後輩である大関・照ノ富士の綱とり場所となる。高い壁となって立ちはだかる決意の白鵬と「なりたいからなれるわけじゃない」と、その高みに敬意を払いつつも、闘志を剥き出しにする照ノ富士の激闘が今から楽しみである。

 さて、横綱・白鵬の土俵一代を描いたライブ相撲マンガ「白鵬本紀」は第5番である。

 宮城野部屋での「第九の大合唱」のような先輩力士のイビキの洗礼を受けたダヴァ少年(15歳の白鵬)を待ち受けるのは恐怖の朝稽古だ。新弟子の朝は早い!起床は午前5時。まだお客さん扱いのダヴァは、稽古場の上がり座敷で見学するのだが…。

 相撲部屋では番付順に起床…序の口、序二段、三段目、幕下の順に稽古に入る。部屋の関取が稽古場に降りてきて、緊張感はピークを迎えるのである。

「気合いを入れてやれ!」の宮城野親方の号令一下、猛稽古の開始!そして宮城野部屋の関取・光法(こうぼう)の名ゼリフが発せられる。

それは、「1に稽古 2に稽古 3、4がなくて5に稽古だ!」と言った後に、錦糸町の夜のクラブの「ケイコさん」は「すぐに裏切る」として、それとは逆に「宮城野ケイコさんは絶対裏切らねえんだ!」

という艶っぽさも感じさせるしゃれたセリフであった。

…ケイコは裏切らない! ライブ相撲マンガ「白鵬本紀」第5番「稽古は裏切らない」は、6月1日発売の「週刊アサヒ芸能」6月10日号に掲載。白鵬、相撲人生のとば口である。はっけよい!!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
4
「チッ、うっせ~な!」スノーボード國母和宏のふんぞり返り暴言三昧/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
ついに「エース交代」を明言!阪神のローテ再編が意味する岡田監督の重大な意図とは