スポーツ

白鵬・ライブ相撲マンガ、初めての朝稽古見学で関取が発した「名ゼリフ」!

 優勝決定戦の末、照ノ富士の2場所連続優勝で千秋楽の大相撲夏場所(五月場所)。休場中の白鵬が進退をかけて臨む七月場所が、図らずもモンゴル出身の後輩である大関・照ノ富士の綱とり場所となる。高い壁となって立ちはだかる決意の白鵬と「なりたいからなれるわけじゃない」と、その高みに敬意を払いつつも、闘志を剥き出しにする照ノ富士の激闘が今から楽しみである。

 さて、横綱・白鵬の土俵一代を描いたライブ相撲マンガ「白鵬本紀」は第5番である。

 宮城野部屋での「第九の大合唱」のような先輩力士のイビキの洗礼を受けたダヴァ少年(15歳の白鵬)を待ち受けるのは恐怖の朝稽古だ。新弟子の朝は早い!起床は午前5時。まだお客さん扱いのダヴァは、稽古場の上がり座敷で見学するのだが…。

 相撲部屋では番付順に起床…序の口、序二段、三段目、幕下の順に稽古に入る。部屋の関取が稽古場に降りてきて、緊張感はピークを迎えるのである。

「気合いを入れてやれ!」の宮城野親方の号令一下、猛稽古の開始!そして宮城野部屋の関取・光法(こうぼう)の名ゼリフが発せられる。

それは、「1に稽古 2に稽古 3、4がなくて5に稽古だ!」と言った後に、錦糸町の夜のクラブの「ケイコさん」は「すぐに裏切る」として、それとは逆に「宮城野ケイコさんは絶対裏切らねえんだ!」

という艶っぽさも感じさせるしゃれたセリフであった。

…ケイコは裏切らない! ライブ相撲マンガ「白鵬本紀」第5番「稽古は裏切らない」は、6月1日発売の「週刊アサヒ芸能」6月10日号に掲載。白鵬、相撲人生のとば口である。はっけよい!!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「別の理由があった」今でも銀座で囁かれる香川照之「性加害事件の深い闇」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫