スポーツ

白鵬・ライブ相撲マンガ、初めての朝稽古見学で関取が発した「名ゼリフ」!

 優勝決定戦の末、照ノ富士の2場所連続優勝で千秋楽の大相撲夏場所(五月場所)。休場中の白鵬が進退をかけて臨む七月場所が、図らずもモンゴル出身の後輩である大関・照ノ富士の綱とり場所となる。高い壁となって立ちはだかる決意の白鵬と「なりたいからなれるわけじゃない」と、その高みに敬意を払いつつも、闘志を剥き出しにする照ノ富士の激闘が今から楽しみである。

 さて、横綱・白鵬の土俵一代を描いたライブ相撲マンガ「白鵬本紀」は第5番である。

 宮城野部屋での「第九の大合唱」のような先輩力士のイビキの洗礼を受けたダヴァ少年(15歳の白鵬)を待ち受けるのは恐怖の朝稽古だ。新弟子の朝は早い!起床は午前5時。まだお客さん扱いのダヴァは、稽古場の上がり座敷で見学するのだが…。

 相撲部屋では番付順に起床…序の口、序二段、三段目、幕下の順に稽古に入る。部屋の関取が稽古場に降りてきて、緊張感はピークを迎えるのである。

「気合いを入れてやれ!」の宮城野親方の号令一下、猛稽古の開始!そして宮城野部屋の関取・光法(こうぼう)の名ゼリフが発せられる。

それは、「1に稽古 2に稽古 3、4がなくて5に稽古だ!」と言った後に、錦糸町の夜のクラブの「ケイコさん」は「すぐに裏切る」として、それとは逆に「宮城野ケイコさんは絶対裏切らねえんだ!」

という艶っぽさも感じさせるしゃれたセリフであった。

…ケイコは裏切らない! ライブ相撲マンガ「白鵬本紀」第5番「稽古は裏切らない」は、6月1日発売の「週刊アサヒ芸能」6月10日号に掲載。白鵬、相撲人生のとば口である。はっけよい!!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
歴史発見!親の仇・織田信長をうならせた…今川義元の子・氏真「名人級の技」
2
田原俊彦が思わず口走ったジャニー喜多川氏への本音「ジャニーさん、何も考えてないよ」
3
坂本勇人スキャンダルでも懲りず…巨人「女性暴行」メジャー追放投手を獲りたいって!?
4
「やれるものならまだやりたかった…」高橋由伸が明かした巨人監督「最終年の苦悩」
5
「ゼロじゃないと思う」阪神・矢野前監督が「サイン盗み疑惑」に驚愕発言!