芸能

感涙の”名セリフ&名シーン”50年秘史!「俺たちの旅・田中健」

20151105p

 今から40年前、75年10月に始まった「俺たちの旅」(日本テレビ系)は、今なお高い評価を得ている。主演トリオの一人、オメダに扮した田中健(64)が色あせない魅力を語った。

──三流私大生のカースケ(中村雅俊)、その同級生のオメダ、カースケの同郷の先輩・グズ六(津坂まさあき⇒現在は秋野太作)と、当時の青春ドラマには珍しく男3人が主人公。失礼ながら、それほど当たるとは思えませんでした。

田中 2クール半年の予定が、視聴率が高かったので4クールに延長。そればかりか10年サイクルで3本のスペシャル版も作られた。今でも会う人に「あれは名作でした」と言われるよ。

──やはり男性ファンが多いですか?

田中 圧倒的に男性の支持。だって撮っている時も、メインの斎藤光正監督が「女はわからなくていい」って宣言したくらい。

──小椋佳が作詞作曲した主題歌もよかったですが、タイトルバックも印象的下にカースケ、真ん中にオメダ、上にグズ六の「3人肩車」はマネした人も多かったはず。

田中 あれは斎藤監督の思いつき。でも、3人そろってひきつった表情をしていたね。

──これもオンタイムで観ていた世代に忘れられないのが、カースケとオメダの間で揺れ動く洋子(金沢碧)の着替えのシーン。まさか、夜8時の青春ドラマでバストトップが見えるとは!

田中 しかも第1話だったんだよね。あの場面の台本には「着替える」しか書いてなかったのに、監督が初回ということで碧ちゃんに「脱いでみるか?」とハッパをかけたかもしれない。

──ドラマ史に残る美しい乳房でした。さて本題ですが、生きることの意味や苦しみ、喜びを語るセリフが多かった。オメダとして記憶するセリフは?

田中 その日暮らしのカースケに対し、オメダは憧れてはいるが、常識の枠を超えられない。それを象徴したセリフ──、

〈俺はお前がシャクだったんだよ。お前は何にも束縛されないで、誰にも気を遣わず、その日その日を気ままに生きてるよ。俺だって本当はそうしたいよ。そうしたいんだよ。でもさ、俺はどんなところでも社会のルールにしがみついていなければ不安で不安でしょうがないんだよ。どうやったってお前みたいに生きていけないんだよ〉

──オメダの性格そのもののようなセリフですね。

田中 ただ、その後のスペシャルではカースケとオメダの性格が逆になっているところもあったね。

──その番外編も含め、本作がこれほど長く愛されている理由は何でしょうか。

田中 やはり「思いやり」に尽きるかな。カースケもオメダも、自分を捨ててでも困っている相手のもとに駆けつける人間。時には愛する洋子を捨ててでも行くんだから、女性ファンが少ないのは当然だよ(笑)。

──それでこそ男たちのバイブルです。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
5
なぜ谷原章介じゃない!?フジテレビ・永島優美「早すぎる番組降板」の裏事情