芸能

「今おいくつ?」清水富美加、森高千里への失礼質問に「精神年齢低すぎ!」

20151104shimizu

 10月23日放送の「Love music」(フジテレビ系)にトークゲストとして出演した清水富美加が、MCの森高千里の年齢を聞いた後に謝罪するという一幕があった。

 清水はトークが始まるなり、「今回、森高さんとお会いできると聞いてきたんですけど‥‥。今おいくつでしたっけ?」と、いきなり剛速球を投げ込んだ。森高が46歳だと答えると、清水は「あ、お母さんの1個下です!」とはしゃぎ回ったあげく、「(私の)お母さんが47(歳)になったんですよ、今年。でも、こんなクオリティ高くないの! さすがアイドルさんです。すごいですよね」と続けたのだ。

「そこで同じくMCの渡部建が、『一流料亭で、お母さんの味に近いって言ってるのと一緒だからね』と諭したことにより、清水はようやく失礼なことを言っていたことに気づき『ごめんなさい、ごめんなさい』と何度も謝罪していました。『お母さんと同じくらいの歳』というセリフは“おばさん”と言っているのと同じ。森高は苦笑という感じでしたが、目は笑っていませんでしたね」(テレビ誌ライター)

 おそらく清水は、自分の親くらいの歳なのに、森高がビックリするくらい若く見えると褒めたつもりなのだろうが、ネット上では女性たちを中心に、「子供ならいざ知らず、20歳としては精神年齢が低いし、イタすぎる」「妙な空気になってたし、森高さんの『何、この子…』といった表情が印象的でした」などと非難の声が殺到した。

「清水は以前、『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した際にも、NHK朝ドラ『まれ』で共演した土屋太鳳の魅力について『いつ死んでも天国に行くぐらいすごい良い子なんですよ』と語り、司会のくりぃむしちゅー上田に『勝手に殺すな!』と怒られていました。ボキャブラリーが乏しいのでうまく話せないんでしょうね。また、『ぴったんこカン・カン』(TBS系)では、『まれ』で共演した高畑裕太&母・淳子と共演し、役を越えて清水を好きになってしまったという裕太に対し、母親の前ではっきりと拒絶。空気を重くしたこともありました」(前出・テレビ誌ライター)

 女優としては着実に力をつけてきている清水だけに、もう少し大人のトーク力も身につけたほうがよさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し