芸能

芸能界”抱きたい五十路美女”は誰?「中年男性から圧倒的な支持を得た高島礼子」

20151112v

 秋深し夜のしじまに熟した女性恋し。晩秋のこの時期は、ヌクヌクとしたオトナの女性のぬくもりが1年で最も恋しくなる季節だ。こよいこそ、超熟ボディを持て余した五十路美女たちをいざ抱かん! 至極の五十路フルコースをご賞味あれ!

 ベテランのオトナの女性を差し置き1位に輝いたのは、中年男性たちからズバ抜けた支持を得たの高島礼子

「しっとりとした肌感がたまらない。一度でいいからお酌をしてもらいたい」(京都府・61歳・建設業)

「年を経るごとに妖艶な大人の魅力が増している。混浴風呂に一緒に入り、背中を流してもらいたい」(東京都・50歳・会社員)

 いずれも、アツ~いリクエストが寄せられた。

 芸能評論家の織田祐二氏も絶賛する。

「レーサー、その後はレオタード姿のレースクイーンでも活躍していたが、ガッチリした肩幅、そして何より豊満なボディが魅力となっています。50歳を過ぎても若々しさは健在なだけに、肉感的ボディが好きな男性には垂涎の体形と言えます」

 続いて2位にランクインしたのは、今年6月に五十路入りしたばかりの沢口靖子だ。

「もう50歳とは驚きです! 年齢をまったく感じさせないほどの肌艶のよさにうっとりしてしまう」(東京都・53歳・医療)

 9月からは五十路向けスキンケア用品のCMにも起用された“大型新人”は、熟女界の強豪・黒木瞳を差しきっており、おみごととしか言いようがない。

「あの白魚のような清らかな手で優しくなでてもらいたい。電車で隣の席に座り、思わず膝まくらで甘えてしまっても、聖母のような無上の愛で応えてくれるはず」(宮城県・59歳・鉄鋼業)

 ドラマでは科捜研の他に鉄道捜査官も務めるだけに、実際にイタズラなんかしようものなら即逮捕されることだろう。

 今回は新参者の後塵を拝したものの、黒木も根強い人気を維持している。

 芸能界でも筋金入りの熟女好きとして知られる、徳光正行氏が熟女の醍醐味を語る。

「熟女が美貌を維持するのは願ったりですが、ジム通いなどしてキッチリ体形を維持するよりも少し緩んだ肉体が理想なんです。数年前、Tシャツを着た黒木さんの後ろ姿を見ると背中のブラヒモに肉が乗っているのを発見しました。あの黒木さんにも隙を見つけて感動したものです」

 こんな隙ありボディにこそ、熟女好き男たちの妄想が襲いかかるのだ。

「男に淫らな妄想を抱かせてこそ女優と言えます。もちろん、女優によって味わい方もさまざまですが、黒木さんにはMプレイがもってこいです。オフィスではタイトスカートをめくり上げ、無理やり攻め入りたい。最初は『何してるのよ』と抵抗していた声が、着衣のままの立ちバックで攻めたてると『アァー、もっとー』と、アエギ声に変わるのを聞いてみたい」(前出・徳光氏)

 五十路ミドルでも、まだまだしっぽり濡れたプレイが堪能できそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント