芸能

BPO勧告受け、いよいよ現実味を帯びてきた「アッコにおまかせ!」の打ち切り

20151122wada

 川島なお美さんの訃報スルー騒動や、浅田真央選手の競技復帰にイチャモンまがいのコメントをするなど、和田アキ子の言動が何かと世間をザワつかせていたTBS「アッコにおまかせ!」が、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会から勧告を受けた。

 問題になったのは、2014年3月9日に放送された「佐村河内守氏の謝罪会見」を取り上げた内容。佐村河内氏によれば、この放送で「『健常者と同等の聴力を有していたのに、当該謝罪会見では手話通訳を要する聴覚障害者であるかのように装って会見に臨んだ』との印象を与えるもので、名誉を著しく侵害された」として委員会に申し立て、その審理の結果、佐村河内氏の名誉を毀損する人権侵害があったことを決定する発表がされたのだった。

 実際に番組では、この会見のVTRに「普通に会話が成立」とのテロップを流し、そのVTRを見たスタジオの和田をはじめとした出演者たちが「これからどうやって生きていくんだろう?」「ここまでいっても、嘘にならないんですか?」などと発言。佐村河内氏の耳の障害を疑うかのような会話が交わされたことが指摘されている。

 さらに和田は「他の番組も記者会見のことを大きく取り上げるだろうけれど、こんなに面白おかしく出来ない」などとも発言している。

 この事態に、TBSはさぞかし頭を抱えているだろうと思いきや、意外にも“チャンス”と捉える者もいるようなのだ。

「最近は『おまかせ!』内での和田の言動がバッシングされ続けていたし、視聴率も下がっている。また、数人の有識者からは『取材されたからコメントしたのに、放送もされないし、その説明もない』など取材姿勢の問題も指摘されていました。今年の10月に30周年となった長寿番組ではありますが、今回の勧告をきっかけに番組の打ち切りがやりやすくなったとの意見も出てきているようです」(芸能ジャーナリスト)

 かねてより「打ち切り説」が何度も浮上しては生き延びてきた番組ではあるが、もはや局内では「アッコにおまかせ!」とはいかなくなってきたようである。

(李井杏子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓流ドラマで主演俳優が逮捕!その事後対応に日本のテレビ局も大注目か
2
中居正広には退所を思い直させていた!ジャニー喜多川氏が託した「遺言」とは?
3
水上颯も「中絶トラブル発覚」で「東大ブームが終わる」テレビ界に深刻波紋!
4
NHK上原光紀、「桑子独立説」で次期エース候補も不安視される「誘惑ヒップ」!
5
広瀬アリス、スカウト時の“美少年ぶり”披露で掘り起こされた“封印中の兄”