芸能

小林麻耶デビュー曲は苦戦必至も「あのアイドルには勝てる可能性アリ」の声

20151205kobayashi

 来年1月27日にCDデビューすることが決定して賛否両論の渦中にあるフリーアナウンサーの小林麻耶。デビュー曲のタイトルは「ブリカマぶるーす」。小林の武器である“ぶりっこさ”を全面的に押し出した一曲となっているようだ。

 そんな、小林のデビューシングルの売り上げも気になるところだが、世間では彼女とあるアーティストを天秤にかけ、どちらが多く売り上げるか注目が集まっているという。

 そのアーティストというのがダウンタウン・浜田雅功が女装して演じるアイドル・浜田ばみゅばみゅだ。浜田ばみゅばみゅは浜田がレギュラー出演するバラエティ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ系)の企画で誕生したきゃりーぱみゅぱみゅをパロったアイドルのこと。当初は内輪で終わるはずだったが思わぬ、大反響できゃりーぱみゅぱみゅをプロデュースする中田ヤスタカのプロデュースのもと急遽CDデビュー(12月16日デビュー)が決定した異色のアイドル。

「小林のデビューシングルの振り付けはきゃりーの振付師として知られるMAIKOが担当。対する浜田ばみゅばみゅは中田ヤスタカがプロデュース。多くのメディアが報じた2人のCDデビューの紹介記事にはどちらもきゃりーが関わってくるため、そこからライバル関係として比べられるような見方になった。どちらもアイドルチックな衣装を身にまとっていますし、関心のない人からしたら同一企画で誕生したアイドルのようにも見えますからね」(テレビ誌記者)

 ちなみに現時点での世間の評価について、同記者はこう説明した。

「話題性が強いのは浜田ばみゅばみゅです。日本テレビの音楽祭『ベストアーティスト 2015』にも出演するなど、日本テレビの完全バックアップに加え、本家であるきゃりーもかなり協力的。きゃりーが浜田ばみゅばみゅと二人の写真をツイッターにアップすると絶賛コメントが殺到。掲載から8時間ほどで21万件以上の『いいね』を獲得している。逆に小林のほうは現時点で映像配信サービスでミュージックビデオの配信を開始しているが、あまり浸透していないのが実情。それに加え、デビューが年明けというのが痛い。こんな勢いだけのデビューは年内で片付けるべきだったという声が大きいです」

 とはいえ、ネット上では「今さら浜ちゃんと小林麻耶って(笑)」「フツーはどっちも興味ないと思う」という声が圧倒的。おそらく低レベルのセールス争いだと見ている人たちが多いようだが、低レベルになることで小林に逆転のチャンスがあると見ているメディア関係者もいる。

「小林は潜在人気の高い女子アナ。こうなったら全国行脚の握手会ですよ。それさえやれば、たとえ赤字になっても初動セールスはそこそこいけると思いますね」(週刊誌記者)

 浜田VS小林の意外すぎる対決の結果やいかに!?

(田村元希)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」