社会

今が旬、「リンゴ」は驚異の発毛剤だった!

20151205ringo

 育毛、発毛法はそれこそ無数にあり、さまざまな発毛・育毛剤の類が販売されている。しかし今が旬の果物であるリンゴこそが最強の育毛剤だと指摘する専門家がいる。

「1日1個のリンゴで医者いらず」と言われるほど、カリウム、ペクチン、リンゴ酸、ビタミンなど多くの成分が含まれる栄養価が高い果物だが、薄毛やハゲの改善効果も大なのだという。

 これはリンゴに含まれているりんごポリフェノールによるもので、富山医科薬科大学(現・富山大学)の研究でも実証されていた。共同研究した協和発酵が、東京新聞紙上にこう発表している。

〈リンゴポリフェノールは毛母細胞を増加させ、ヘアサイクルを正常化させる。実験で71%の人の毛密度が増加し、1平方センチメートルあたり、22.8本も発毛し、48%の人で硬毛が増加した〉

 これはリンゴポリフェノールの中のプロシアニジンの力による。プロシアニジンは頭皮の血行を促進し、健康で丈夫な髪の毛を生成する。また、強い抗菌作用により、頭皮の毛穴に詰まった皮脂や老廃物が酸化して細菌を繁殖させるのを防ぎ、健康で綺麗な毛穴を維持するのだ。

 アサヒグループの調べでは、リンゴポリフェノールの構成成分の65%が発毛成分のプロシアニジンだった。さらに、青リンゴには赤リンゴの約10倍のリンゴポリフェノールが含有されているという。美容師でもあるヘアーコンサルタントの五十嵐孝子さんは言う。

「リンゴポリフェノール入りの育毛剤も出ていますが、1日1個、もしくは半分でもリンゴを食べればいい。ただし、プロシアニジンはリンゴの皮に含まれているので、皮ごと食べるとよいのですが、青リンゴは酸味が強い。続けるには丸ごとジューサーにかけて、ハチミツを入れたりして飲むのがベストでしょう。それが面倒な人には、青リンゴで作ったリンゴジュースやジャムが市販品として売られています」

 ただ、何事にも適量はある。リンゴも食べ過ぎると糖分の摂り過ぎに繋がり、血糖値が上がったりするので要注意だ。

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す