芸能

「ジャルジャル以外なら優勝は誰でもいい」M-1で彼らがここまで嫌われた理由

20151209jarujaru

 12月6日に放送された「M-1グランプリ2015」(テレビ朝日系)の視聴率が17.2%だったことがわかった。同大会は5年ぶりの開催となる。

「2001年に『M-1』が始まった時はお笑いブームの前ということもあり、視聴率は9%でした。しかし以降は徐々に数字を上げていき2008年には23.7%を記録するなど、国民的番組にまで成長した。そして今回は5年のブランクが一部で心配されていたものの、17.2%という十分な数字を記録しています」(テレビ誌記者)

 そんな「M-1グランプリ」だが、放送中はネット掲示板などで、出場者であるジャルジャルへの厳しい意見が数多く見られた。

 彼らが第1ラウンドで最高点の834点を叩き出し1位通過すると、「ジャルジャルは本当に嫌い!」「ジャルジャル以外なら優勝は誰でもいい」というコメントがネット上で殺到。

 また、ジャルジャルに高得点を付けた審査員のチュートリアル・徳井義実にまで、バッシングが集まる事態となった。

 一体ジャルジャルはなぜ、世間からここまで嫌われてしまったのだろう。

「まずジャルジャルは既存の漫才の流れを崩したスタイルをネタで披露することが多いため、正統派を好むお茶の間では受け入れにくい。さらに彼らは当初、アイドル的な部分で人気を博し、どこか気取ったような空気を持ち合わせていたため色眼鏡で見られやすく、決定的だったのは2011年の27時間テレビでした。福徳秀介が復帰間もないナイナイ岡村に対し、バスケットボールを何度もぶつけたことで、ネットでは『イジメだ!』と炎上。あくまでバラエティ的なノリだったのですが、元々好感度が高くなかったため、それを機に嫌われキャラが定着してしまったのです」(お笑いライター)

 とはいえ、「M-1」のジャルジャルのネタを観て、「嫌いだったが見直した」と彼らを評価する意見も多く見られた。今回は惜しくも優勝を逃した彼らだが、また来年リベンジしてもらいたいものだ。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
4
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然
5
ツッコミに激怒した?霜降り明星・粗品、新春生放送でベテラン芸人と一触即発!